【完全版】現在完了と一緒に使えないときの表現とは?【まとめ】

英文法

 

今回は、現在完了と一緒に使えない表現をまとめたいと思います。

 

なにそれ?

 

下記でわかりやすくまとめます。3分程度で読めますよ!

 

完了形と使えない表現一覧

まずは、完了形と一緒に使えない表現を一覧で示します。

全て過去を点で表す表現だというコトに注目してください。

 

現在完了と併用NGな表現
  • ~ago: ~前
  • yesterday: 昨日
  • last~: 昨~ (last yearなど)
  • just now: たった今 (=ほんの少し前)
  • when~: いつ~、~するとき

 

 

例文はコチラです。

上記の表現がある時は現在完了形を使わず、過去形を使います。

 

<NG>

He has finished his homework yesterday.

(彼は昨日彼の宿題を終えた???)

 

<OK>

He finished his homework yesterday.

(彼は昨日彼の宿題を終えた)

 

現在完了と過去を点で表す表現が併用できない理由

現在完了は、ひとことで言えば「過去+現在」の表現です。

 

「過去から続いている行為/状態が現在どうなっているか?」を示すのが現在完了形です。

 

どういうこと?

 

 

たとえば次の例文を見てください。

 

「継続:ずっと~している」という用法で使われていますが、

これは「過去から現在に至るまである行為がずっと続いている」ことを意味します。

He has been in Tokyo for 3 months.

(彼は三か月間ずっと東京にいる)

 

 

「過去から続いている行為/状態が現在どうなっているか?」を示すのが現在形なので、

過去を点で表す表現とは相性が悪いのです。

 

 

その証拠に、過去を線で表す表現は、現在完了形と併用OKです。

 

さらに、現在完了では「いまどうなっているか?」に力点が置かれるので、

現在を点で表す表現も、現在完了形と併用OKです。

 

 

現在完了と併用OKな表現
  • before: 以前 (=今より以前に  = 現在~過去を線で表現)
  • since: ~以来 (=過去から現在までを線で表現)
  • now: いま

 

 

 

丸暗記も悪くはないですが、理屈を理解すると一発で覚えられますね!

 

なお、whenと現在完了が併用される例外については、下記の記事で紹介しています。

 

<過去記事>【サクッと理解】whenと現在完了形が一緒に使われる場合とは?

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] とがあるのに対し、earlierは現在とのつながりを意識しないため、現在完了不可。現在完了の詳細についてはコチラの記事をご覧ください:現在完了と一緒に使えないときの表現とは?) […]

  2. […] 【完全版】現在完了と一緒に使えないときの表現とは? […]