【本質から理解!】前置詞overのイメージとは【意味】

前置詞

 

こんにちは!

 

今回は前置詞overの意味をまとめたいと思います。

 

一見様々な意味がありますが、本質的な理解をすると、一気に記憶出来ますよ。

 

 

※over, under, above, belowの違いはコチラの記事をご参照ください。

参考:【本質から理解!】前置詞over, under / above, belowの違い

 

overは「~の上に、~を越えて」

overの根本にあるイメージは「~の上に、~を越えて」です。

 

 

 

このイメージが物理的、心理的…に派生していくことで、

様々な意味を持つようになります。

 

 

様々な意味をまとめてチェックしていきましょう!

 

overの様々な用法

overの意味まとめは下記の通りです。

 

overの意味まとめ
  1. 「~の上に、~を覆って」
  2. 「~について(話題)」
  3. 「~しながら(従事)」
  4. 「~より多く(数)」
  5. 「~で(手段)」

 

「~の上に、~を覆って」

まずは最も基本的な「~の上に、~を覆って」の意味から見ていきましょう。

 

There is a bridge over the river.

(川の上に橋がある)

 

I laid a blanket over the baby.

(赤ん坊に毛布をかけてやった = 赤ん坊を覆って)

 

「~について (話題)」

心理的な位置関係を意識すれば、「~について (話題)」という意味になりますね。

 

ある話題の上に、自分の意識が来ているイメージです。

 

We have to talk over the matter.

(私たちはその問題について話した)

 

「~しながら(従事)」

自分たちが出来事、事象の上に来ていると考えれば、「~しながら(従事)」という意味になりますね。

 

We talked about the matter over a cup of tea.

(お茶を飲みながらその問題について話した)

 

「~より多く(数字)」

ある数字より上と考えれば、「~より多く(数字)」という意味になりますね。

 

He was over 90.

(彼は90歳を超えていた)

* 「~以上」ではなく「~より多く」なので、厳密にいえば「90」は含みません

 

「~で(手段)」

なにかをまたいで行動を起こすと考えれば、「~で(手段)」という意味になりますね。

 

He to talked to her over the phone.

(彼は彼女に電話で話した)

 

She heard the news over the radio.

(彼女はラジオでそのニュースを聞いた)

* 「手段」のoverはラジオやテレビで使われることが多いです

 

おわりに

一見様々な意味がありますが、本質を理解していると、

いろいろな用法を一気に暗記できますね。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【本質から理解!】前置詞overのイメージとは […]