【サクッと英会話】「波風を立てる/事を荒立てる」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「波風を立てる/事を荒立てる」を英語で表現してみましょう。

 

超シンプルに説明します。

 

1分で読めますよ!

 

「波風を立てる/事を荒立てる」の英語表現

「波風を立てる/事を荒立てる」として考えられる英語表現は下記の通りです。

 

 

英語表現例
  • make waves: 波風を立てる
  • cause trouble: 問題を引き起こす

 

 

「波風を立てる」という日本語そのままなのが面白いですね。

 

他には、「cause: 引き起こす」という動詞を使う表現も考えられますね。

 

 

例文は下記の通りです。

Don’t make waves, please.

(お願いだから波風を立てないでください)

 

He has caused the trouble.

(彼は問題を引き起こした)

 

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント