【サクッと英会話】「内輪もめ (内輪揉め)」「内部の派閥争い」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「内輪もめ (内輪揉め)」「内部の派閥争い」を英語で表現してみましょう。

 

1分で読めますよ!

 

「内輪もめ」「内部の派閥争い」の英語表現

「内輪もめ」として考えられる英語表現は下記の通りです。

 

 

「内輪もめ」英語表現例

1.infighting (among~) : (~での) 内輪もめ

  • infighting: 内輪もめ
  • among: ~の間での

 

2.an internal factional struggle : 内部の派閥争い

  • internal: 内部の
  • factional: 派閥の
  • struggle: 争い、奮闘

※an internal struggleなら、単に「内輪もめ、内部の争い」となります

 

3.fight among oneself: ~間で戦う

  • fight: 戦う
  • oneself: 自分自身

 

 

例文はコチラです。

Don’t have any infighting.

(内輪もめはよしなさい)

 

The sales figure of the company declined due to the internal factional struggle.

(その会社の売り上げは、内部の派閥争いにより下がった)

※「sales figure: 売り上げ」という意味です

 

The Minamoto clan began to fight among themselves.

(源氏は内輪もめを始めた)

※「clan: 一家、一族」という意味です

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント