【サクッと英会話】「内輪もめ (内輪揉め)」「内部の派閥争い」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「内輪もめ (内輪揉め)」「内部の派閥争い」を英語で表現してみましょう。

 

1分で読めますよ!

 

「内輪もめ」「内部の派閥争い」の英語表現

「内輪もめ」として考えられる英語表現は下記の通りです。

 

 

「内輪もめ」英語表現例

1.infighting (among~) : (~での) 内輪もめ

  • infighting: 内輪もめ
  • among: ~の間での

 

2.an internal factional struggle : 内部の派閥争い

  • internal: 内部の
  • factional: 派閥の
  • struggle: 争い、奮闘

※an internal struggleなら、単に「内輪もめ、内部の争い」となります

 

3.fight among oneself: ~間で戦う

  • fight: 戦う
  • oneself: 自分自身

 

 

例文はコチラです。

Don’t have any infighting.

(内輪もめはよしなさい)

 

The sales figure of the company declined due to the internal factional struggle.

(その会社の売り上げは、内部の派閥争いにより下がった)

※「sales figure: 売り上げ」という意味です

 

The Minamoto clan began to fight among themselves.

(源氏は内輪もめを始めた)

※「clan: 一家、一族」という意味です

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント