【英語語源】succeedが「成功」「連続・継承」になる理由

基本表現・語源

 

こんにちは、今回はsucceedを語源から考えていきたいと思います。

 

ものすごくざっくり言うと、

この単語は「成功」、「連続・継承」という意味を持ちます。

 

なんか覚えづらい…

 

 

これに関しては、語源から覚えるとサクッと攻略出来ます。

 

suc-は「下」、-ceedは「進む」

succeedから考えていきましょう。

 

suc-は「下」、-ceedは「進む」という意味を持ちます。

 

そのまま意味を捉えると「下を進む」

少し意訳すると、succeedには、「何かの後ろを付いていく」というイメージがあるのです。

 

ほうほう

 

succeed, success他…の意味

で、上記をもとにsucceedの意味を考えてみましょう。

 

 

succeedには自動詞と他動詞の二種類の意味があります。

 

 

何かをやった結果付いてくるものを「成功」と考えると、

自動詞は「成功する」

(イメージ:   「成功」    ●→→)

 

 

自分が何かの後ろをついていくのであれば、

他動詞は「~の後を継ぐ」

(イメージ: ●→→  「後継ぎ」    

 

という意味になるのです。

 

 

 

で、これの名詞バージョンがsuccessとsuccessionです。

 

 

「成功する」の意味と似ているのが、success「成功」

「~の後を継ぐ」の意味と似ているのが、succession「継承・連続」です。

 

何かを継承するってことは、ある地位などを連続して占めるというコトなので、

「継承→連続」は比較的簡単に理解可能だと思います。

 

 

 

で、さらにこれの形容詞が、

successful「成功した」

successive「連続する、引き続いての」

です。

 

たとえば、「5連勝!」は

“win five successive games (5つの連続したゲームに勝つ)”

と表現したりします。

 

 

 

さらに、これが副詞になれば、

successfully:「成功のうちに、うまく」
successive:「連続して、引き続いて」

ですね。

 

まとめ

これまでの内容は下記の通りです。

 

succeed系まとめ

動詞

  • succeed:自動詞「成功する」
  • succeed:他動詞「~の後を継ぐ」

 

名詞

  • success: 「成功」
  • succession:「継承・連続」

 

形容詞

  • successful:「成功した」
  • successive:「連続する、引き続いての」

 

副詞

  • successfully:「成功のうちに、うまく」
  • successive:「連続して、引き続いて」

 

 

 

なお、アクセントは「クセス」ではなく、

「サクス」です。

 

どれも「」の位置(”success”のスペルで言うと”ce”の部分)にあるので、

これも一気に覚えてしまいましょう。

 

それでは、良い英語ライフを!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ※ちなみに、successの語源記事はコチラ […]