onceの意味・用法まとめ【at once, 倍数詞, 接続詞など】

形容詞・副詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はonceの用法をまとめたいと思います。簡単なようで、様々な使い方のあるonce。これを機会にぜひマスターしてくださいね。

 

onceの主な意味・用法

まずは全体像を示します。品詞別にとらえると理解がスムーズです。

 

onceまとめ
  • 【副詞①】一度、一回(倍数用法含む)
  • 【副詞②】かつて
  • 【接続詞】一度~すると、~するとすぐに

 

 

once熟語まとめ*
  • at once:①すぐに(=right now)、②同時に(=at the same time)
  • once again:再び again
  • once in a while:ときどき sometimes
  • once upon a time:昔々
  • once (and) for all:この一回限りで、これっきり(andは省略可)

* 熟語は全て副詞として機能

 

 

例文付きで一つずつ見ていきましょう。

 

onceの副詞、接続詞用法

まずはonceが単独で使われるパターンからです。

 

【副詞①】一度、一回(倍数用法も)

これが最もポピュラーな使い方かもしれません。

 

I have not seen him once. (わたしは一度も彼に会ったことがない)

The World Cup Games are held once every four years. (ワールドカップは、四年に一度開かれます)

 

ちなみに、倍数詞としての数え方でもonceを使います。下記のような数え方を聞いたことがありませんか?

 

once(一度、一倍)

twice(二度、二倍)

three times(三度、三倍)

four times(四度、四倍)

 

three以降は、timesとセットで使用します。倍数表現という名の通り、「~は…の〇倍大きい」のような倍数表現で登場する表現です。

 

This apple is twice as large as that one.  (このリンゴは、あのリンゴの2倍大きい)

 

【副詞②】かつて

これは一般動詞の前、be動詞・助動詞の後ろに置いて使用します。「notと同じ位置に置く」と覚えると混乱せずに済みますね。

 

I once lived in Tokyo. (わたしはかつて東京に住んでいた)

The song was once very popular. (その歌はかつてとても人気だった)

The birds could once be seen in Japan. (その鳥は、かつて日本で見ることができた)

 

【接続詞】一度~すると、~するとすぐに

こちらは接続詞としての使い方です。once SV, S’V’の形で、「一度SVすると、S’V’だ」という訳になります。

 

Once you pay the money, it cannot be paid back. (一度お金を支払うと、そのお金は返金されません)

Things got better once I found a job. (仕事を見つけるとすぐ、状況がよくなった)

 

熟語での使用(at once, once in a whileなど)

こちらもサクサク見ていきましょう。

 

at once:①すぐに、②同時に

at onceで「①すぐに」「②同時に」という意味になります。なぜこの訳になるか、単語の成り立ちから考えてみましょう。

 

atは「~で、~に」という意味の、点のイメージを持った前置詞なんですね。at onceを直訳すると「一度で、一度に」でしょうか。

 

二つの物事が「一度に」起こるので「すぐに」「同時に」という意味になります。

 

そういえば、at the same timeも「同時に」という意味を持つ熟語です。やはりここでも、atが使われていますね。

 

Clean your room at once (=right now)! (すぐに部屋を掃除しなさい!)

Don’t do several things at once (=at the same time). (複数のことを同時にするな)

 

なお、allがat onceを強調したall at onceという表現もあります。all at onceは「①突然」、「②一斉に、同時に」の意味を持ちます。

 

「①すぐに」を強調すれば「①突然」、

「②同時に」を強調すれば「②一斉に、同時に」ですね。

 

once again:再び

once againで「再び」です。

 

直訳すると「再びもう一度」とかでしょうか。割と直訳そのままの意味になっていますね。

 

I will ask you once again. (わたしはあなたにもう一度お尋ねするでしょう)

 

once in a while:ときどき

once in a whileで「ときどき」です。なぜこのような訳になるのでしょう?

 

inは「~で」という訳が充てられることも多いですが、inはatに比べて広がりを持った表現です。また、whileには「しばらくの間」という意味があります。

 

once in a whileを直訳すると、「しばらくの間で一度」ですね。そのため「ときどき」という意味になるわけです。

 

I go to the cinema once in a while. (わたしはときどき映画に行きます)

(= I sometimes go to the cinema.)

 

なお、everyがonce in a whileを強調し、every once in a whileという表現もあります。意味はほぼ同じです。(「ときどき」という意味です)

 

once upon a time:昔々

昔話の定番表現ですね。

 

uponはonと同じで「~の上に、ある特定の日に」、timeは「時代」の意味になります。「ある特定の日」を示すときには、onを使ったりするんですね。on his birthdayとか。

 

つまり「かつて、ある特定の時代に」ということで、「昔々」という昔話定番の表現になるわけです。

 

Once upon a time, there lived a prince named John. (昔々、ジョンという名の王子様がおりました)

 

once (and) for all:この一回限りで、これっきり

once (and) for allで、「この一回限りで、これっきり」という意味になります。andは省略可能ですが、基本的には省略しないパターンの方が多いです。

 

直訳すると「全てのために、一度」となりましょうか。だから「この一回限りで、これっきり」という訳になるわけですね。

 

Settle the problem once and for all. (今回限りで、その問題を解決しよう)

 

まとめ

いかがでしたか?意外と幅広い”once”を使った表現ですが、単語の成り立ちを考えれば、丸暗記せずに済みますね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント