【意味・形が似ている】活用の紛らわしい動詞3選

基本単語

 

今回は意味が似ていて、活用の紛らわしい動詞を紹介したいと思います。

 

特に大学入試では頻出の表現なので、しっかり押さえておきましょうね!

 

活用の紛らわしい動詞3選

活用の紛らわしい動詞は下記の通りです。

 

意味や形が似ている単語ごとに分けてあります。

(左から「原形-過去形-過去分詞形-現在分詞」の順に並べてあります)

 

 

ポイント
<パターン①>
  • lie – lay – lain – lying (自動詞:横になる)
  • lay- laid – laid – laying (他動詞:~を横たえる、卵を産む)
  • lie – lied – lied – lying (自動詞:ウソをつく)

 

<パターン②>

  • rise – rose – risen – rising (自動詞:上がる)
  • raise – raised – raised – raising (他動詞:~を上げる、資金を集める)
  • arise – arose – arisen – arising (自動詞:生じる)
  • arouse – aroused – aroused – arousing (他動詞:~を目覚めさせる)

 

<パターン③>

  • sit – sat – sat – sitting (自動詞:座る)
  • seat – seated – seated – seating (他動詞:~を座らせる)

 

 

覚える極意は、ズバリ音読を繰り返すことです。

 

それぞれ声に出して10回ずつ繰り返しましょう。時として、理屈抜きに音で覚えることも超重要です。

 

狂ったように何度も音読し、動詞の変化を身体で覚えてくださいね!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント