【SVCとVing/Vp.p.】He sat singing happily.の訳とは?

準動詞

 

今回はSVCがVing/Vp.p.とセットで使用されるパターンについて解説したいと思います。

 

この記事を読むと、下記の例文を正確に訳せるようになります。

 

  • He sat singing happily.
  • He sat surrounded by his children.

 

SVCとVing/Vp.p.

SVCとVing/Vp.p.の関係は下記のとおりです。

 

 

ポイント

<SVCとVing/Vp.p.>

  • Cの部分にVing: CしながらSVする
  • Cの部分にVp.p.: CされながらSVする

※Vの部分には自動詞が使用される

 

 

 

まずはCにVingが使われているパターンの例文から見ていきましょう。

He sat singing happily.

(彼は幸せそうに歌いながら座っていた)

 

ポイントは、“V = sat”という自動詞の後ろに、”C = singing”が置かれている点ですね。Cの部分にVingの形が来ているので、「歌いながら」という和訳になっています。

 

 

 

次にCにVp.p.が使われているパターンの例文を見てみましょう。

He sat surrounded by his children.

(彼は子供たちに囲まれて座っていた)

 

ここでは“V = sat”という自動詞の後ろに、”C = surrounded”が置かれていますね。Cの部分にVp.p.の形が来ているので、「囲まれて (囲まれながら)」という和訳になっています。

 

おわりに

いかがでしたか? 今回の形は、頻繁に使われる形です。理屈を理解したうえで何度か例文を音読してみて、身体で身につけられると良いと思います。

 

なお、Ving/Vp.p.が文中で使われるパターンは他にも存在しますが、詳しくは下記の記事でまとめています。

 

やはり頻出のパターンなので、ぜひお読みくださいね。5分程度でサクッと目を通せますよ!

【シンプルに理解】現在分詞と過去分詞の意味・用法の違いとは?

 

 

 

なお、「オススメの文法書はなんですか?」という質問をよく受けるのですが、断トツで徹底例解ロイヤル英文法がおススメです。情報量が多い&情報が正確なだけでなく、索引もしっかりしているので、文法書として非常に使い勝手が良いです。

 

わたし自身、記事を書いていて「あれ、これってこういう説明で大丈夫なんだっけ?」というときは、たいていロイヤルにお世話になっています。

 

文法系の疑問は、たいていこれ一冊で解決します。手元に置いておけば非常に便利なので、まだお持ちでない方にはとてもおススメです。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


コメント