YouTubeもやっています!

【”場所”が文頭に来た時の倒置】倒置が起きない場合とは?

倒置・否定・省略・強調

 

こんにちは、講師のNです。最近私生活がバタバタしており、久しぶりの記事更新です。

 

今回は「場所を表す語」が文頭に来た場合の倒置についてです。

 

 

実はコレ、倒置が起きるパターンと起きないパターンというものが存在するのですね。

 

ややこしい…

 

 

大丈夫です。「ある規則」を頭に入れれば、一発で理解できます。

 

「場所」が文頭に来た場合の倒置

まずは基本的な法則を確認しましょう。

 

「場所」が文頭に来た場合の倒置
  1. 通常:場所+V+Sの語順になる
  2. Sが代名詞の場合:場所+S+Vの語順になる(倒置は起きない!)

 

 

このことを確認出来たら、それぞれ例文の確認です。

 

通常パターン

まずは「1. 通常」のパターンの例文を見てみましょう。

 

場所(Here)が文頭にきているので、V(comes)→S(the bus)という語順になっていますね。

Here comes the bus. (ほらバスが来るよ)

 

 

こちらも同じく「1.通常」のパターンです。

 

場所(On a hill)が文頭にきて、V(stood)→S(a building)という語順になっていますね。

On a hill stood a building. (丘の上に建物が建っていた)

 

Sが代名詞の場合

次は「2. Sが代名詞の場合」の例文です。

 

Sが代名詞(he)なので、V(comes)→S(he)とはならず、

S(he)→V(comes)の語順となっています。

Here he comes. (ほら彼が来るよ)

 

 

これも同じです。Sが代名詞(itやyou)なので、倒置は起きていません。

Here it is. (ほら、ここにありますよ)

Here you are. (はい、どうぞ)

 

 

ちなみに、youも代名詞なので一応ご注意を。

youやhe, she, theyなどは、人称代名詞というのでしたね。

 

代名詞で倒置が起こらない理由

上記は丸暗記してしまっても構わないのですが、

代名詞のときだけ倒置が起こらないのはなぜ??

なんか気持ちわるい…

 

という方もいると思います。

 

 

そんな方には、「旧情報→新情報」という英語の文の流れを思い出してほしいのです。

 

「旧情報→新情報」ってなんだっけ?

 

 

英語の文って、

「読み手が既に分かっている情報(旧情報)→読み手がまだ知らない情報(新情報)」

という流れで文が書かれるものなんですね。

 

 

今回で言えば、

  • 読み手がすでに分かっている情報:代名詞の主語(heやit, youなど)
  • 読み手がまだ知らない情報:代名詞以外の主語(the bus, a building)

ということです。

 

 

代名詞って、読み手が既に知っている情報ですよね。

 

前に出てきた単語の繰り返しを避けるために使われる、

というのが代名詞の基本的な役割ですから。

 

つまり、代名詞=旧情報というわけなのです。

 

 

英語の文は「旧情報→新情報」という流れが基本です。

旧情報は文の最初の方に出さなければいけない。

なので、「場所」が文頭にきても、代名詞の場合は倒置が起こらないのです。

 

註:「否定語」が文頭に来た場合などは、代名詞でも倒置は起こります。今回はあくまで「場所」の話です。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

ちょっと細かい知識ですが、テストでたまに狙われたりもします。

 

覚えられるか不安!

 

 

そんな方は、ビートルズの“Here comes the sun”(ヒア・カムズ・ザ・サン)という曲を聴いてください。

 

 

こちらが曲の歌詞抜粋です。

Here comes the sun. (ほら、太陽がくるよ)

The Beatles “Here comes the sun”より(訳は筆者直訳)

 

Sun, Sun, Sun, here it comes. (太陽、太陽、太陽。ほら、それ(=太陽)がくるよ)

The Beatles “Here comes the sun”より(訳は筆者直訳)

 

 

場所が文頭にきて倒置が起こるパターン (comes the sun)、

代名詞なので倒置が起きないパターン (it comes)。

 

 

同じ曲の中でどちらも網羅されているんですね。

 

さすがはビートルズです。3分くらいの短い曲なので、

よかったら聴いてみてくださいね。

 

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

倒置・否定・省略・強調英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント