【本質理解】take him by the armとtake his armの違いとは?

基本単語

 

英語独特の表現に、こんなものがあります。

 

「take 人 by the 身体部位: 人の身体部位を取る」というものです。

She took him by the arm.

(彼女は彼の腕を取った)

※人=him, 身体部位=armです

 

 

どうしてこんなややこしい語順になるの?

「take 身体部位:身体部位を取る」じゃダメなの?

 

 

今回は、そんな疑問にサクッとお答えしたいと思います。

 

【目からウロコ】take her by the armという語順の秘密をこっそり教えます

 

take him by the armという語順になる理由

take him by the armという語順になる理由とは?

 

それはズバリ、「腕をつかむ」ことが補足的な情報であるからです。

 

 

 

次のようなシチュエーションを考えてみましょう。

 

「彼」が「彼女」へ別れ話を切り出し、「彼女」の前を立ち去ろうとしている。そこで「彼女」は「彼」を引き留めようと、「彼の腕」をつかむ…。

 

 

 

これがまさに、”She took him by the arm.”の状況です。

 

ここでは、「彼をつかむこと/彼を行かせないこと」が重要なのですね。彼を止められるのであれば、つかむのは腕でなくても良いのです。脚でも顔でもなんでも良いのです。

 

 

興味の関心は、彼をつかむことにあるのです。

 

 

英文で言えば、”She took himの部分が非常に重要なのです。あとに続く“by the arm”は補足情報にすぎません。

 

そのため、

  1. “She took him (彼をつかんだ)”と、大切な情報を先に述べる
  2. “by the arm (腕によって)”と、補足情報を最後に述べる

という語順になっているのです。

 

take his armとなる場合

なお、take his armとなる場合もありますが、その理由は…勘の鋭い方ならお気づきかもしれません。

 

それは、腕を取ること自体が目的になっている場合です。

 

 

次の例文を見てください。

The doctor took his arm to check the pulse.

(脈をチェックするため、医者は彼の腕を取った)

 

この例文では、腕を取って脈を取ることが非常に重要になっていますね。脚や頭を取るのではダメなわけです。そのため、”take him by the arm”という形になってはいません。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

丸暗記していた表現も、内容を理解すればスッと頭に入ってきますね!

 

※ちなみに、”by the 身体部位”のように、theが使われるのにも理由があります。興味のある方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。

参考①:【冠詞the】朝昼晩、”catch 人 by the 身体部位”にtheがつく理由

参考②:【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 

 

take以外にも、catch/grab/hold(あとはhit/touch/punchなども)が似たような形を取りますが、全て同じ発想で使用されています!

 

それでは今回はこのへんで。最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【本質理解】take him by the armとtake his armの違いとは? […]