YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

不可算名詞の数え方一覧【information等まとめ】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

以前の記事で、可算名詞/不可算名詞の違いについて説明しました。

ひとことで言うと、「不可算名詞は数えられませんよ!」ってことです。

 

 

<参考記事>可算名詞と不可算名詞の見分け方

 

 

ただね、実は不可算名詞を無理やり数える方法があるんです。

一つ、二つ、三つ…という感じにね。

 

最初から不可算名詞なんて作らなければいいのでは…

 

そんな野暮なツッコミは置いておき、どんなふうに数えるのか?

 

早速見ていきましょう。

 

不可算名詞の数え方まとめ

さて、不可算名詞を無理やり数える方法ですが、大きく二種類に分けられます。

 

不可算名詞の数え方
  • 万能な数え方:a piece of, two pieces of…
  • モノ固有の数え方:a cup of, two cups of…など

 

順番に見ていきましょう。

 

万能な数え方

万能な数え方には、“piece”という単語を使います。

 

「パズルのピース」という日本語にもなっている通り、

直訳すると「部品、破片」といった意味になります。

 

 

たとえば”advice(忠告、アドバイス)”という単語は不可算名詞ですが、これを無理やり数えたい場合は、下記のように数えます。

a piece of advice: 一つのアドバイス

two pieces of advice: 二つのアドバイス

three pieces of advice: 三つのアドバイス

many pieces of advice: たくさんのアドバイス

 

 

見てわかる通り、一つなら”a piece of~”、二つ以上なら”X pieces of~”とします。二つ以上の時は”pieces“と複数形になることに注意ですね。

 

“piece”は日本語の「一つ、二つ…」あるいは「一個、二個…」に相当します。

割となんにでも万能に使えるんですね。

 

不可算名詞を無理やり数えたい場合は、とりあえず”piece”を使っておけば無難です。

 

モノ固有の数え方

日本語でも同じですが、「一つ、二つ…」でたいていのモノは数えられます。

 

一方で、モノの種類によっては、

「一杯、二杯…」「一本、二本…」の方が適切な数え方である場合もありますよね。

 

英語も同じです。数えるモノによっては、”piece”以外の単語を使います。

 

 

その主なモノの一覧は下記の通りです。

 

モノ固有の数え方
  • bread (スライスで) : a slice of bread / two slices of bread
  • bread (ヒトカタマリで): a loaf of bread / two loaves of bread

 

  • chocolate : a bar of chocolate / two bars of chocolate

 

  • coffee : a cup of coffee / two cups of coffee
  • water : a glass of water / two glasses of water
  • wine : a bottle of wine / two bottles of wine

 

  • paper : a sheet of paper / two sheets of paper (pieceも可)

 

  • soap (石鹸) : a cake of soap / two pieces of soap

 

  • sugar (砂糖) : a spoonful of sugar / two spoonfuls of sugar
  • sugar (角砂糖) : a lump of sugar / two lumps of sugar (lumpには「カタマリ」という意味がある)

 

 

パンをスライスで切るなら”slice”、水ならグラスに入れるので”glass”など、

わりとイメージ通りの単語が使われています。

 

特に飲み物系は、文章を読んでいても出会う頻度が高いですし、日常生活でもよく使う表現です。ぜひ押さえておきましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

不可算名詞を数えられるようにしておくと、表現にも幅が出てきます。

この機会に覚えてくださいね!

 

それでは!

 


コメント