不可算名詞の数え方一覧【information等まとめ】

名詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

以前の記事で、可算名詞/不可算名詞の違いについて説明しました。

ひとことで言うと、「不可算名詞は数えられませんよ!」ってことです。

 

 

<参考記事>可算名詞と不可算名詞の見分け方

 

 

ただね、実は不可算名詞を無理やり数える方法があるんです。

一つ、二つ、三つ…という感じにね。

 

最初から不可算名詞なんて作らなければいいのでは…

 

そんな野暮なツッコミは置いておき、どんなふうに数えるのか?

 

早速見ていきましょう。

 

不可算名詞の数え方まとめ

さて、不可算名詞を無理やり数える方法ですが、大きく二種類に分けられます。

 

不可算名詞の数え方
  • 万能な数え方:a piece of, two pieces of…
  • モノ固有の数え方:a cup of, two cups of…など

 

順番に見ていきましょう。

 

万能な数え方

万能な数え方には、“piece”という単語を使います。

 

「パズルのピース」という日本語にもなっている通り、

直訳すると「部品、破片」といった意味になります。

 

 

たとえば”advice(忠告、アドバイス)”という単語は不可算名詞ですが、これを無理やり数えたい場合は、下記のように数えます。

a piece of advice: 一つのアドバイス

two pieces of advice: 二つのアドバイス

three pieces of advice: 三つのアドバイス

many pieces of advice: たくさんのアドバイス

 

 

見てわかる通り、一つなら”a piece of~”、二つ以上なら”X pieces of~”とします。二つ以上の時は”pieces“と複数形になることに注意ですね。

 

“piece”は日本語の「一つ、二つ…」あるいは「一個、二個…」に相当します。

割となんにでも万能に使えるんですね。

 

不可算名詞を無理やり数えたい場合は、とりあえず”piece”を使っておけば無難です。

 

モノ固有の数え方

日本語でも同じですが、「一つ、二つ…」でたいていのモノは数えられます。

 

一方で、モノの種類によっては、

「一杯、二杯…」「一本、二本…」の方が適切な数え方である場合もありますよね。

 

英語も同じです。数えるモノによっては、”piece”以外の単語を使います。

 

 

その主なモノの一覧は下記の通りです。

 

モノ固有の数え方
  • bread (スライスで) : a slice of bread / two slices of bread
  • bread (ヒトカタマリで): a loaf of bread / two loaves of bread

 

  • chocolate : a bar of chocolate / two bars of chocolate

 

  • coffee : a cup of coffee / two cups of coffee
  • water : a glass of water / two glasses of water
  • wine : a bottle of wine / two bottles of wine

 

  • paper : a sheet of paper / two sheets of paper (pieceも可)

 

  • soap (石鹸) : a cake of soap / two pieces of soap

 

  • sugar (砂糖) : a spoonful of sugar / two spoonfuls of sugar
  • sugar (角砂糖) : a lump of sugar / two lumps of sugar (lumpには「カタマリ」という意味がある)

 

 

パンをスライスで切るなら”slice”、水ならグラスに入れるので”glass”など、

わりとイメージ通りの単語が使われています。

 

特に飲み物系は、文章を読んでいても出会う頻度が高いですし、日常生活でもよく使う表現です。ぜひ押さえておきましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

不可算名詞を数えられるようにしておくと、表現にも幅が出てきます。何度か音読をすると頭に残りやすいと思います。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
名詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント