可算名詞 / 不可算名詞と、few / little / many / muchの組み合わせ

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「多い/少ない」に関する表現を扱います。

 

 

可算名詞に対して使うのか、不可算名詞に対して使うのかで、

使用される単語が違うということをみなさん知っていました?

 

可算名詞と不可算名詞で使われる単語が違うの??

 

 

※「可算名詞/不可算名詞ってなに?」という方は、以下の記事をお読みください。

可算名詞と不可算名詞の見分け方

 

 

可算名詞と不可算名詞で何がどのように違うのか?

早速見ていきましょう。

 

具体例many / muchで考える

まずは「多い」という単語で具体的に考えてみましょう。

 

可算名詞はbook、不可算名詞はinformationを例にします。

  • 可算名詞:many books (多くの本)
  • 不可算名詞:much information (多くの情報)

 

 

可算名詞にはmany、不可算名詞にはmuchを使用していますね。

manyはが多い、muchはが多いって意味なんです。

 

 

可算名詞は数えられる名詞ですね。

つまり、「たくさんの=が多い」ってことなんです。

 

一方の不可算名詞は数えられない名詞です。

つまり、「たくさんの=が多い」ってことなんです。

 

 

図で示すとこんな感じでしょうか。

日本語で「たくさん」と言うとき、二つの違いをあまり意識しませんが、英語は数にうるさい言語なのです。

 

可算名詞と不可算名詞の「多い/少ない」組み合わせ

上記を押さえたうえで、可算名詞と不可算名詞の「多い/少ない」に関する表現を覚えましょう。

 

可算名詞

とセット

不可算名詞

とセット

ほとんどない (-イメージ)fewlittle
少しはある (+イメージ)a fewa little
たくさんのmanymuch
たくさんのa good number of *1, *2a good deal of *3
かなり多くの

(quiteが、a fewやa littleの「プラスイメージ」を強めていると考える)

quite a few

(= not a few。固い表現)

quite a little

(= not a little。固い表現)

*1 goodではなくgreat/ largeもOK

*2 a number of単体だとsomeやseveralの意味にとらえられることもあるので、goodなどを付けるのが普通

*3 goodではなくgreat / largeもOK。また、dealがamountに変わることも

 

可算名詞/不可算名詞どちらもOK

たくさんのa lot of / lots of / a large quantity of / plenty of
いくらかのsome

 

 

 

「可算名詞/不可算名詞どちらもOK」の方はぜひ押さえておいてください。

英作文で非常に重宝します。

 

英作文は「ミスをいかに減らすか?」の勝負なので、とりあえず”a lot of”を使っておけば、

可算名詞だろうと不可算名詞だろうと「×」は食らわないで済みます。

 

 

なお、「多い/少ない」という表現が付いた場合、

可算名詞は複数形扱いになりますが、不可算名詞は単数形扱いのままです。

 

不可算名詞は数えようがないので単数形、あくまで量が増えただけという感覚ですね。

 

 

一応例文でも確認しましょう。

 

上は可算名詞の「多い」なので複数形、

下は不可算名詞の「多い」なので単数形扱いとなっています。

A good number of books were stolen. (多くの本が盗まれた)

A good deal of knowledge was gained. (多くの知識が獲得された)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

可算名詞と不可算名詞の表現は試験でもよく狙われるポイントですので、これを機会にぜひ押さえておいてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント