【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】

接続詞

 

今回はunless「~しない限り」の用法を詳しく説明したいと思います。

 

“unless = if not”と習った方も多いと思いますが、実はコレ間違いなんですね。正確には“unless = except if”です。

 

一体どういうことなのか? 詳しく見ていきましょう!

【本当のunless】unless = if notではない?? 正しいunlessの使い方とは

 

unlessの本当の意味

まずはunlessの意味からまとめましょう。

 

ポイント
  • SV unless S´V´: S´V´しないかぎり、SVだ
  • 「原則的には必ずSVする。ただし、S´V´の場合を除いてね」というのが本当の意味
  • つまり、unless = except ifが正しい

 

 

 

どういうこと?

 

次の例文を見てください。

 

if not「もし~しなければ」が使われていますが、ここでunlessを使うとダメなんですね。

He drives too fast. I’ll be surprised if he does not have an accident.

(彼はとても速く運転をする。もし彼が事故を起こさなければ、わたしは驚くだろう)

 

<NG>

He drives too fast. I’ll be surprised unless he has an accident.

(彼はとても速く運転をする。彼が事故を起こさない限り、わたしは驚くだろう)

 

 

「原則的にはSVする。ただし、S´V´の場合を除いてね」という意味を思い出しつつ、

“I’ll be surprised unless he has an accident.”の部分に注目です。

 

分解して考えると次のようになります。

SV= I’ll be surprised (原則的にわたしは驚くだろう)

S´V´= he has an accident (ただし彼が事故を起こす場合を除いてね)

 

 

 

…この文のおかしいところがわかります?

 

 

「原則的に彼が驚く」っておかしいですよね。

普段の日常から驚きっぱなしって、この「彼」、ちょっとヤバいです。

 

一方、文脈上unlessを使っても問題ないのは次のような場合です。

He works late at night unless he’s too tired.

= He works late at night except if he’s too tired.

(非常に疲れているのではない限り、彼は夜遅くまで働く)

 

 

次のように分解して考えてみましょう。

SV= He works late at night (原則的に彼は夜遅くまで働く)

S´V´= he’s too tired (ただし彼が非常に疲れている場合を除いてね)

 

 

これは文脈上問題ないので、unlessを使ってOKですね。

 

「原則的にSVだ。S´V´する場合を除いて」が意味として通るかどうかを考えれば、unlessの判別はカンタンに出来ます。

 

unlessとif notの違いは、難関校であれば二次試験で出題されてもおかしくない問題なので、これを機会に知識を整理してくださいね。

 


コメント

  1. […] ※unless = if notではないので注意。詳しくはコチラの記事(【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】)で解説しています。 […]

  2. […] 参考記事:【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】 […]