【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】

接続詞

 

今回はunless「~しない限り」の用法を詳しく説明したいと思います。

 

“unless = if not”と習った方も多いと思いますが、実はコレ間違いなんですね。正確には“unless = except if”です。

 

一体どういうことなのか? 詳しく見ていきましょう!

 

unlessの本当の意味

まずはunlessの意味からまとめましょう。

 

ポイント
  • SV unless S´V´: S´V´しないかぎり、SVだ
  • 「原則的には必ずSVする。ただし、S´V´の場合を除いてね」というのが本当の意味
  • つまり、unless = except ifが正しい

 

 

 

どういうこと?

 

次の例文を見てください。

 

if not「もし~しなければ」が使われていますが、ここでunlessを使うとダメなんですね。

He drives too fast. I’ll be surprised if he does not have an accident.

(彼はとても速く運転をする。もし彼が事故を起こさなければ、わたしは驚くだろう)

 

<NG>

He drives too fast. I’ll be surprised unless he has an accident.

(彼はとても速く運転をする。彼が事故を起こさない限り、わたしは驚くだろう)

 

 

「原則的にはSVする。ただし、S´V´の場合を除いてね」という意味を思い出しつつ、

“I’ll be surprised unless he has an accident.”の部分に注目です。

 

分解して考えると次のようになります。

SV= I’ll be surprised (原則的にわたしは驚くだろう)

S´V´= he has an accident (ただし彼が事故を起こす場合を除いてね)

 

 

 

…この文のおかしいところがわかります?

 

 

「原則的に彼が驚く」っておかしいですよね。

普段の日常から驚きっぱなしって、この「彼」、ちょっとヤバいです。

 

一方、文脈上unlessを使っても問題ないのは次のような場合です。

He works late at night unless he’s too tired.

= He works late at night except if he’s too tired.

(非常に疲れているのではない限り、彼は夜遅くまで働く)

 

 

次のように分解して考えてみましょう。

SV= He works late at night (原則的に彼は夜遅くまで働く)

S´V´= he’s too tired (ただし彼が非常に疲れている場合を除いてね)

 

 

これは文脈上問題ないので、unlessを使ってOKですね。

 

「原則的にSVだ。S´V´する場合を除いて」が意味として通るかどうかを考えれば、unlessの判別はカンタンに出来ます。

 

unlessとif notの違いは、難関校であれば二次試験で出題されてもおかしくない問題なので、これを機会に知識を整理してくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ※unless = if notではないので注意。詳しくはコチラの記事(【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】)で解説しています。 […]

  2. […] 参考記事:【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】 […]