【誰でもわかる】連鎖関係代名詞とは?【一発で理解】

英文法

 

今回は連鎖関係代名詞の説明をしたいと思います。

 

れんさかんけいだいめいし?

なにそれ?

 

 

わかりやすく教えるので大丈夫!

 

 

なお、関係代名詞を超基礎から学びたい!という方は、コチラの記事(関係代名詞を超基礎から理解する)をご参照ください。

 

連鎖関係代名詞とは? 2つに分けて考える

連鎖関係代名詞とは、次のような例文のことです。I thinkに注目です。

 

She is the person who I think committed the crime.

(彼女は、その犯罪を犯したとわたしが思っているです)

 

 

先行詞はthe personで、who以下が先行詞を修飾しています。「どんなthe personなのか、who以下が説明している」というわけですね。

 

 

ただコレ、厄介なのがI thinkの存在です。コイツがあるせいで、文の構造が見えにくくなっています。thinkもcommitted (commit: ~を犯す)も動詞なので、動詞が2つ続いていることになります。I think committedという語順は、なんだか違和感ありまくりです。

 

そんなときは、2つの文に分解してみましょう。関係代名詞が使われている文は、2つの文に分解するとわかりやすくなることが多いのです。

 

She is the person who I think committed the crime.

  1. She is the person. (彼女はその人だ)
  2. I think the person (=who) committed the crime. (わたしは、その人が犯罪を犯したと思っている)

 

 

2.の文に注目です。I think~(わたしは~と思う)という文が前提になっていたんですね。

 

これが1つの文になったときわかりにくいのは、

バラバラのときはI think the person (=who)という語順なのに、

1つの文になるとwho I thinkという語順になるからです。

 

 

関係代名詞は先行詞にできるだけ近づくという性質のせいで(今回ならwhoがthe personへ近づいていく)、whoがI thinkを追い越してしまったわけですね。

 

 

このように連鎖関係代名詞が使われている文は、下記のように後ろの動詞(①committed)をまず訳して、次に前の動詞(②think)を訳すとうまくいきます。

She is the person who I ②think ①committed the crime.

(彼女は①その犯罪を犯したとわたしが②思っているです)

 

連鎖関係代名詞の見抜き方を理解する

連鎖関係代名詞は見抜き方はカンタン。

 

「関係代名詞の後ろで動詞が連続しているかどうか?」です。そのときは連鎖関係代名詞の可能性を疑ってください。特にthinkやknow, believe, sayなどの思う/言う系の動詞があれば相当怪しいです。

 

訳すときは、後ろの動詞をまず訳し、次にthink/know/believe/sayなどを訳すことを心がけましょう。

 

 

まずは先ほどの例文から。think、committedと動詞が連続している点に注目しましょう。

She is the person who I think committed the crime.

(彼女は、その犯罪を犯したとわたしが思っている人です)

 

 

 

他にもいくつか例文を挙げてみます。関係代名詞の後ろで動詞が連続していることに注目です。

 

expected(期待していた)とwould come(来るだろう)が連続しています。

John is the man who I expected would come to the party.

  1. John is the man.
  2. I expected the man (=who) would come to the party.

(ジョンは、パーティーへくると私が期待していた男だ)

 

know(知っている)とwrote(作った)が連続しています。

Mary is the woman that I know wrote the song.

  1. Mary is the woman.
  2. I know the woman (=who) wrote the song.

(メアリーは、その曲を作ったとわたしが知っている女性だ)

 

said(言った)とis loved(愛されている)が連続しています。

This is the building which he said is loved by everybody.

  1. This is the building.
  2. He said the building (=which) is loved by everybody.

(これは、皆に愛されていると彼が言った建物だ)

 

まとめ

最後に今回のまとめです。

 

連鎖関係代名詞まとめ
  • 連鎖関係代名詞とは、関係代名詞の後ろにI thinkなどが挟み込まれた形
  • 連鎖関係代名詞は、2つの文に分解して考える
  • 連鎖関係代名詞の見分け方は、「関係代名詞の後ろに動詞が連続して入っているか?」
  • say, think, know, believeなどの「言う/思う系」の動詞が入る可能性が高い

 

 

なお、似たような関係代名詞の用法に二重限定というものもあります。興味のある方はコチラの記事もお読みください。(過去記事:関係代名詞の二重限定とは?

 

不明点があればコメント欄にてお願いします。

 

 

なお、例文を何度か音読してみることをおススメします。断然頭に残りやすくなります。

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法 関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【一発で理解】連鎖関係代名詞とは? […]

  2. ペペロン より:

    John is the man who I believed would come to the party.

    expectedとwould comeが連続していると上記の例文に対して記載がありますが、expectedではなくbelievedになっています。
    訂正した方がいいのではないでしょうか。

  3. なな より:

    高校生です!参考書などを読んでも分からなかったのですが、理解できました!ありがとうございます☺️

    • NN より:

      とても嬉しいコメントありがとうございます!

      「こんな文法事項を説明してほしい」等あれば、ぜひぜひコメントしてくださいね。頑張って書いてみます。

  4. […] (参考記事:連鎖関係代名詞とは?) […]

  5. […] 【誰でもわかる】連鎖関係代名詞とは?【一発で理解】 […]