【誰でもわかる】連鎖関係代名詞とは?【一発で理解】

英文法

 

今回は連鎖関係代名詞の説明をしたいと思います。

 

れんさかんけいだいめいし?

なにそれ?

 

 

わかりやすく教えるので大丈夫!

 

 

なお、関係代名詞を超基礎から学びたい!という方は、コチラの記事(関係代名詞を超基礎から理解する)をご参照ください。

 

連鎖関係代名詞とは? 2つに分けて考える

連鎖関係代名詞とは、次のような例文のことです。I thinkに注目です。

 

She is the person who I think committed the crime.

(彼女は、その犯罪を犯したとわたしが思っているです)

 

 

先行詞はthe personで、who以下が先行詞を修飾しています。「どんなthe personなのか、who以下が説明している」というわけですね。

 

 

ただコレ、厄介なのがI thinkの存在です。コイツがあるせいで、文の構造が見えにくくなっています。thinkもcommitted (commit: ~を犯す)も動詞なので、動詞が2つ続いていることになります。I think committedという語順は、なんだか違和感ありまくりです。

 

そんなときは、2つの文に分解してみましょう。関係代名詞が使われている文は、2つの文に分解するとわかりやすくなることが多いのです。

 

She is the person who I think committed the crime.

  1. She is the person. (彼女はその人だ)
  2. I think the person (=who) committed the crime. (わたしは、その人が犯罪を犯したと思っている)

 

 

2.の文に注目です。I think~(わたしは~と思う)という文が前提になっていたんですね。

 

これが1つの文になったときわかりにくいのは、

バラバラのときはI think the person (=who)という語順なのに、

1つの文になるとwho I thinkという語順になるからです。

 

 

関係代名詞は先行詞にできるだけ近づくという性質のせいで(今回ならwhoがthe personへ近づいていく)、whoがI thinkを追い越してしまったわけですね。

 

 

このように連鎖関係代名詞が使われている文は、下記のように後ろの動詞(①committed)をまず訳して、次に前の動詞(②think)を訳すとうまくいきます。

She is the person who I ②think ①committed the crime.

(彼女は①その犯罪を犯したとわたしが②思っているです)

 

連鎖関係代名詞の見抜き方を理解する

連鎖関係代名詞は見抜き方はカンタン。

 

「関係代名詞の後ろで動詞が連続しているかどうか?」です。そのときは連鎖関係代名詞の可能性を疑ってください。特にthinkやknow, believe, sayなどの思う/言う系の動詞があれば相当怪しいです。

 

訳すときは、後ろの動詞をまず訳し、次にthink/know/believe/sayなどを訳すことを心がけましょう。

 

 

まずは先ほどの例文から。think、committedと動詞が連続している点に注目しましょう。

She is the person who I think committed the crime.

(彼女は、その犯罪を犯したとわたしが思っている人です)

 

 

 

他にもいくつか例文を挙げてみます。関係代名詞の後ろで動詞が連続していることに注目です。

 

expected(期待していた)とwould come(来るだろう)が連続しています。

John is the man who I expected would come to the party.

  1. John is the man.
  2. I expected the man (=who) would come to the party.

(ジョンは、パーティーへくると私が期待していた男だ)

 

know(知っている)とwrote(作った)が連続しています。

Mary is the woman that I know wrote the song.

  1. Mary is the woman.
  2. I know the woman (=who) wrote the song.

(メアリーは、その曲を作ったとわたしが知っている女性だ)

 

said(言った)とis loved(愛されている)が連続しています。

This is the building which he said is loved by everybody.

  1. This is the building.
  2. He said the building (=which) is loved by everybody.

(これは、皆に愛されていると彼が言った建物だ)

 

まとめ

最後に今回のまとめです。

 

連鎖関係代名詞まとめ
  • 連鎖関係代名詞とは、関係代名詞の後ろにI thinkなどが挟み込まれた形
  • 連鎖関係代名詞は、2つの文に分解して考える
  • 連鎖関係代名詞の見分け方は、「関係代名詞の後ろに動詞が連続して入っているか?」
  • say, think, know, believeなどの「言う/思う系」の動詞が入る可能性が高い

 

 

なお、似たような関係代名詞の用法に二重限定というものもあります。興味のある方はコチラの記事もお読みください。(過去記事:関係代名詞の二重限定とは?

 

不明点があればコメント欄にてお願いします。

 

 

なお、例文を何度か音読してみることをおススメします。断然頭に残りやすくなります。

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【一発で理解】連鎖関係代名詞とは? […]

  2. ペペロン より:

    John is the man who I believed would come to the party.

    expectedとwould comeが連続していると上記の例文に対して記載がありますが、expectedではなくbelievedになっています。
    訂正した方がいいのではないでしょうか。

    • N N より:

      ご指摘ありがとうございます。その通りですね…。修正しておきました。

  3. なな より:

    高校生です!参考書などを読んでも分からなかったのですが、理解できました!ありがとうございます☺️

    • N N より:

      とても嬉しいコメントありがとうございます!

      「こんな文法事項を説明してほしい」等あれば、ぜひぜひコメントしてくださいね。頑張って書いてみます。

  4. […] (参考記事:連鎖関係代名詞とは?) […]

  5. […] 【誰でもわかる】連鎖関係代名詞とは?【一発で理解】 […]