YouTubeもやっています!

【Vされることを必要とする】need Ving 型の動詞まとめ

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

突然ですがみなさん、

need Vingで「Vされる必要がある」という訳になることを知っていましたか?

 

 

 

Vingなのに「される」と訳すの?

 

 

そうなのです。非常に厄介なヤツですね。

 

ただ、この形で「される」と訳す動詞は、実はそれほど多くはありません。

今回まとめてご紹介するので、これを機会に押さえてくださいね!

 

need Ving, rewuire Ving, want Ving

まずは「Vされる必要がある」という表現から。

 

 

次の表現は、全て「Vされる必要がある」と訳します。

  • need Ving
  • require Ving
  • want Ving

 

needが最も一般的な表現です。

 

 

例文はコチラです。repairは「~を修理する」という意味の単語ですね。

The car needs repairing.

= The car requires repairing.

= The car wants repairing.

(その車は修理されることを必要としている

= その車は修理を必要としている)

 

 

 

なお、よくやる間違いは、

~needs to repair.

としてしまうことです。

 

 

need to Vで「Vする必要がある」という訳になりますが、

今回、車は「修理されるモノ」ですよね。

 

そのため、need Vingの形をとる必要があるのです。

 

deserve Ving

同じ形をとる単語をもう一つご紹介します。

 

deserve Vingで「Vされるに値する」と訳します。

これもやはり、「~される」という訳になる点に注目です。

 

 

例文はコチラ。punishは「~を罰する」という意味の動詞です。

He deserves punishing.

(彼は罰せられるに値する)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

やや特殊な訳し方をする動詞でしたが、数は多くはありません。

今回まとめたものさえチェックしておけば怖いものなしです!

 

 

ご不明点等あれば、コメント欄までお願いします。

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 

 

追記:

needは、need to be Vp.p.の形でも同様の意味になります。deserveも同じです。

 

ただ、require, wantについては、

to be Vp.p.で「Vされる必要がある」とはならないようです。

(辞書を見る限り、「Vされる必要がある」となるのは、Vingのパターンのみです)

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント