YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【決定版】前置詞/接続詞どちらにも使える表現5選【until/since他】

前置詞

 

今回は前置詞/接続詞どちらとしても使える表現をまとめてみました。

 

一体どういうことなのか?

 

3分程度で読めますよ!

 

before/after/till (until)/since/as

まずは全体像から確認してみましょう。

 

 

<前置詞/接続詞どちらとしても使える表現5選>
  • before:~前に
  • after:~後に
  • till (until):~までずっと
  • since:~以来
  • as:~として、~のとき(他にも様々な意味があります)

 

 

「前置詞? 接続詞?」が問題になるのは、次のような違いがあるためです。

  • 前置詞:後ろに名詞/動名詞 (Ving)が続く
  • 接続詞:後ろにSVが続く

 

※正確に言うと、SVが後ろに続くのは「従位接続詞」の場合です。「等位接続詞」なら単なる名詞が続くこともありますが、今回は「等位接続詞」しか出てこないのでシンプルにするため「接続詞」としています。

 

 

 

ただ、今回の場合は、後ろに名詞がきてもSVがきてもOKなのですね。(asは前置詞か接続詞か、で意味が異なることもありますが)

 

 

いくつか例文を見てみましょう。

 

まずはsinceです。上が前置詞、下が接続詞のパターンです。

He has lived here since 2000.

(彼はここに2000年以来ずっと住んでいる)

 

He has lived here since his child was born.

(彼はここに子供が生まれて以来ずっと住んでいる)

 

 

次はasです。上が前置詞、下が接続詞のパターンです。

As a young man, he studied so hard.

(若い頃、彼は一生懸命勉強した)

 

As he entered the room, everybody looked at him.

(彼が部屋に入っていくとき、皆が彼のことを見た)

 

 

 

なお、「前置詞/接続詞」のどちらかでしか使えない表現については、下記の記事でまとめてみました。これを機会に、紛らわしい表現を一気に押さえてしまいましょう!

参考記事:【決定版】前置詞?接続詞?で間違えやすい5選【during/whileの違い他】

 


コメント

  1. […] 参考記事:【決定版】前置詞/接続詞どちらにも使える表現5選【until/since他】 […]