【決定版】前置詞?接続詞?で間違えやすい5選【during/whileの違い他】

前置詞

 

今回は「前置詞か? 接続詞か?」で間違えやすい表現をまとめてみました。

 

具体的に何がどう違うのか?

 

早速見ていきましょう! 3分程度で読めますよ!

 

前置詞は後ろが名詞、接続詞は後ろがSV

まずは一覧表からチェックしていきましょう。

 

前置詞 接続詞
~の間 during while
~までには by by the time
~なので because of because
~にもかかわらず in spite of, despite

for all, with all

notwithstanding

though, although

even though, even if

 

~であろうとなかろうと regardless of

irrespective of

whether

 

 

 

前置詞と接続詞で何が違うの?

 

 

ずばり、

  • 前置詞:後ろに名詞/動名詞 (Ving)が続く
  • 接続詞:後ろにSVが続く

という違いがあります。

 

※正確に言うと、SVが後ろに続くのは「従位接続詞」の場合です。「等位接続詞」なら単なる名詞が続くこともありますが、今回は「等位接続詞」しか出てこないのでシンプルにするため「接続詞」としています。

 

 

 

例えば、duringとwhileは次のように使われます。

During my stay in Canada, I studied so hard.

= While I was in Canada, I studied so hard.

(カナダにいる間、わたしはとても一生懸命勉強しました)

 

during (前置詞)の後ろにはmy stay (名詞)がきていますが、

while (接続詞)の後ろにはI was (SV)がきていますね。

 

 

「前置詞? 接続詞?」は試験でもよく問われるポイントなので、これを機会に押さえてくださいね。

 

なお、前置詞と接続詞のどちらとしても使える表現は下記の記事でまとめています。気になる方はぜひお読みくださいね。

参考記事:【決定版】前置詞/接続詞どちらにも使える表現5選【until/since他】

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考記事:【決定版】前置詞?接続詞?で間違えやすい5選【during/whileの違い他】 […]