【なぜ⁈】many a 単数名詞の意味/使い方 -単数扱い?!

名詞

 

今回はmany a 単数名詞という表現をまとめてみました。

 

珍しい表現ですが、用法がやや特殊です。

 

いくつかバリエーションがあるので、一緒に確認していきましょう!

 

“many a 単数名詞”の意味/使い方

many a 単数名詞の意味・用法は下記の通りです。

 

ポイント

・many a 単数名詞:たくさんの~(個々の要素を強調する表現)

※単数扱いする点に注意

 

 

意味は「多くの~」です。

 

語順通りに直訳すると、「多くの 単数名詞」ですね。「単数名詞」がたくさん並んでいるイメージで、個々の要素を強調する表現です。

 

 

個々の要素に注目するので、後ろに単数名詞が来て、さらに単数扱いとなります。everyやeachが単数扱いになる感覚に似ているかもしれません。

※ちなみに、東大の2021年の試験でもmany aが箪笥扱いとなる知識が問題の中で問われていました。

 

many a 単数名詞の例文

例文を見ていきましょう。上の例文では、主語に”many a 単数名詞”がきており、単数扱いとなっている点にも注目です。

 

Many a person has made the same mistakes.

(多くの人が同じ誤りを犯してきた)

 

He spent many a sleepless night.

(彼は多くの眠れぬ夜を過ごした)

 

おわりに

いかがでしたか? これを機会に知識の整理に役立てたのであれば嬉しいです。

 

コメント