【間接疑問】疑問詞の紛らわしい語順【whatは前?後ろ?】

疑問詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は、

  • Do you know what he did?
  • What do you think he did?

の違いを解説したいと思います。

 

 

何が違うの?

 

 

 

ズバリ、whatが文頭に出ているかどうか?という点です。

 

  • Do you know what he did?
  • What do you think he did?

 

 

なぜこのような違いが出るのか?

スッキリ解説していきたいと思います!

 

Do you know what~? 型の訳

まずは、Do you know what~ 型の日本語訳から見てみましょう。

 

例文はコチラです。

Do you know what he said.

(あなたは、彼が何を言ったか知っていますか?)

 

 

what he saidの部分が間接疑問の語順になっており、

「彼が何を言ったか」という訳になっています。

 

それがDo you know~?「あなたは知っていますか?」と組み合わさり、

「彼が何を言ったか、あなたは知っていますか?」という日本語訳になっているのです。

 

What do you think~? 型の訳

次はWhat do you think~ 型の日本語訳を見てみましょう。

 

例文はコチラです。

What do you think he said.

(あなたは、彼が何を言ったと思いますか?)

 

 

what ~ he saidの部分が「彼が何を言ったか」、

do you think~?の部分が「あなたは思いますか?」ですね。

 

それらが組み合わさり、

「彼が何を言ったと、あなたは思いますか?」という日本語訳になっているのですね。

 

whatが文頭に出る理由

それぞれの訳を確認したところで、whatが文頭にくる/こない理由を考えてみましょう。

 

法則はシンプルです。

ズバリ、下記の通りです。

 

疑問文の法則
  • 文頭がDo (Does, Didなど)~で始まる文は、yes/noで答えなければいけない

 

 

 

上記の法則を言い換えると、

  • yes / noで答えられる文 →Do you~を使用
  • yes / noで答えられない文 →What do you~を使用

というコトになります。

 

 

イマイチピンとこない…

 

 

 

まずは、Do you~型から確認してみましょう。

Do you know what he said.

(あなたは、彼が何を言ったか知っていますか?)

 

 

これは、「知っていますか?」と聞かれているので、

「はい知っています/いいえ知りません」と答えることが出来ますね。

 

yes / noで回答できるので、Do you~の形が使われているのです。

 

 

 

 

一方、What do you~の例文を再度確認してください。

What do you think he said.

(あなたは、彼が何を言ったと思いますか?)

 

 

この文は、「何を言ったと思う?」と聞いているわけです。

これに対し、「はい思います/いいえ思いません」と答えたらどうでしょう。

 

会話が成り立ちませんね。

 

 

たしかに…

 

 

 

仮に、次のような文があったとしましょう。無理やり訳すと、カッコ内のような訳になると思います。

Do you think what he said.

(あなたは、彼が何を言ったと思いますか?)

 

 

やはり、yes / noで答えることは出来ませんね。

なので、What do you think~?のように、疑問詞を頭に出しているのです。

 

動詞の種別

鋭い方はお気づきでしょうが、

 

  1. Do you know~?型
  2. What do you think~?型

を取る動詞は、ある程度決まっています。

 

 

なぜなら、動詞が持つ意味合いによって、

yes / noで答えるべき質問になるかどうかが定まってくるからです。

 

 

せっかくの機会なので、下記にざっくりまとめておきますね。

 

動詞の種別
  • Do you know~?型
  • explain, know, remember

 

  • What do you think~?型
  • believe, conclude, consider, expect, fear, guess, hope, imagine. say, suggest, suppose, suspect, think

 

 

 

こちらについては丸暗記する必要はないかもしれません。

文を作るたびに「この質問ってyes / noで答えられるかな…?」と考えればそれでOKです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見ややこしい疑問文の作り方ですが、意味を理解すれば、すっきりクリアできますね!

 

ご不明な点等があれば、コメント欄までお願いします。

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
疑問詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考記事:【間接疑問】疑問詞の紛らわしい語順【whatは前?後ろ?】 […]