【3分でわかる】business/job/work/taskの違い【仕事を意味する単語】

基本単語

 

「仕事」という英単語を挙げなさい!と言われたら、下記のような単語が頭に浮かぶと思います。

 

business/job/work/task

 

 

わからん…

 

 

実は結構ニュアンスが異なるのです。今回はこれらの違いについてわかりやすくまとめてみました。3分程度で読めますよ!

 

business/job/work/taskの違い

business/job/work/taskは重なり合っている使い方もありますが、

イメージの違いを前面に出すならば、下記のような違いがあります。

 

各単語が持つイメージの違い
  • business: 業界全体を指す・自分で営んでいるイメージ
  • work: 広い意味での仕事というイメージ(やや抽象的)
  • job: 具体的な仕事というイメージ
  • task: 義務として課されている一つ一つの仕事というイメージ

 

 

一つずつ、例文付きで見ていきましょう。

 

businessのイメージ

businessは、業界全体を指したり、自分で商売を営んでいる場合に使われることが多いです。「ビジネスをする」という日本語にも、自分で会社を運営しているような語感がありますよね。

 

こちらが例文です。

She took over the family business.

(彼女は家業を引き継いだ)

 

He is in the computer business.

(彼はコンピュータ関係の仕事をしている)

 

workのイメージ

workはかなり広いイメージがあります。抽象的な意味での仕事を表します。

 

抽象的なこともあり、基本的には不可算名詞として使われます(可算名詞として使われると「作品」の意味を持ちます)。

 

She started work after she graduated from university.

(彼女は、大学卒業後に仕事を始めた)

 

I have lots of work to do.

(わたしはすべき仕事がたくさんある)

 

Are you free after work?

(仕事のあとヒマですか?)

 

jobのイメージ

jobは、workよりも具体的なイメージがあります。具体的な仕事内容を喚起する文脈で使われることが多いです。

 

具体的なので、原則として可算名詞として使用されます。

 

She got a job as a secretary.

(彼女は秘書の仕事を手に入れた)

 

He lost his job.

(彼はを失った)

 

taskのイメージ

taskは、義務として課されている個別の仕事というイメージです。

 

「タスクを課す」という表現は日本語にもなじんでいますね。それと同じ感覚です。

 

I have to finish this task by tomorrow morning.

(わたしは明日の朝までにこの仕事を終えなければいけない)

 

He has completed a difficult task.

(彼は難しい仕事を終えた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

「仕事」にまつわる単語については、日本語に溶け込んでいる表現も案外参考になりますね。

 

質問等あればコメント欄までお願いいたします。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考記事:【3分でわかる】business/job/work/taskの違い【仕事を意味する単語】 […]