【3分でわかる】business/job/work/taskの違い【仕事を意味する単語】

基本単語

 

「仕事」という英単語を挙げなさい!と言われたら、下記のような単語が頭に浮かぶと思います。

 

business/job/work/task

 

 

わからん…

 

 

実は結構ニュアンスが異なるのです。今回はこれらの違いについてわかりやすくまとめてみました。3分程度で読めますよ!

 

business/job/work/taskの違い

business/job/work/taskは重なり合っている使い方もありますが、

イメージの違いを前面に出すならば、下記のような違いがあります。

 

各単語が持つイメージの違い
  • business: 業界全体を指す・自分で営んでいるイメージ
  • work: 広い意味での仕事というイメージ(やや抽象的)
  • job: 具体的な仕事というイメージ
  • task: 義務として課されている一つ一つの仕事というイメージ

 

 

一つずつ、例文付きで見ていきましょう。

 

businessのイメージ

businessは、業界全体を指したり、自分で商売を営んでいる場合に使われることが多いです。「ビジネスをする」という日本語にも、自分で会社を運営しているような語感がありますよね。

 

こちらが例文です。

She took over the family business.

(彼女は家業を引き継いだ)

 

He is in the computer business.

(彼はコンピュータ関係の仕事をしている)

 

workのイメージ

workはかなり広いイメージがあります。抽象的な意味での仕事を表します。

 

抽象的なこともあり、基本的には不可算名詞として使われます(可算名詞として使われると「作品」の意味を持ちます)。

 

She started work after she graduated from university.

(彼女は、大学卒業後に仕事を始めた)

 

I have lots of work to do.

(わたしはすべき仕事がたくさんある)

 

Are you free after work?

(仕事のあとヒマですか?)

 

jobのイメージ

jobは、workよりも具体的なイメージがあります。具体的な仕事内容を喚起する文脈で使われることが多いです。

 

具体的なので、原則として可算名詞として使用されます。

 

She got a job as a secretary.

(彼女は秘書の仕事を手に入れた)

 

He lost his job.

(彼はを失った)

 

taskのイメージ

taskは、義務として課されている個別の仕事というイメージです。

 

「タスクを課す」という表現は日本語にもなじんでいますね。それと同じ感覚です。

 

I have to finish this task by tomorrow morning.

(わたしは明日の朝までにこの仕事を終えなければいけない)

 

He has completed a difficult task.

(彼は難しい仕事を終えた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

「仕事」にまつわる単語については、日本語に溶け込んでいる表現も案外参考になりますね。

 

質問等あればコメント欄までお願いいたします。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考記事:【3分でわかる】business/job/work/taskの違い【仕事を意味する単語】 […]