【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えとは?【to/for/of型の違い】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は第4文型⇔第3文型の書き換えの落とし穴について解説したいと思います。

 

 

SVO1O2からSVOに書き換えるときの注意点?

なにそれ?

 

 

 

まずは基本から確認していきましょう!

ざっくり3分で読むことが出来ます!

 

そもそも第4文型⇔第3文型の書き換えって?

まずは第4文型⇔第3文型の書き換えについて説明します。

 

次の例文を見てください。

He gave me a present.

= He gave a present to me.

(彼はわたしにプレゼントをくれた)

 

 

これをSVO…に分解すると下記のようになります。

 

 

上の例文は、

  • S= He
  • V= gave
  • O1= me
  • O2= a present

 

下の例文は、

  • S= He
  • V= gave
  • O2= a present
  • to O1*= to me

* 前置詞+名詞(=to + O1) はM (修飾語)になります。つまり、下の例文はSVOM = 第三文型です

 

ですね。

 

 

 

注目してほしいのは、meとa presentの位置関係です。

上と下の例文では逆になっています。

 

そして、下の例文では前置詞toが新たに登場してますね。

 

 

上は“me a present”で、

下は“a present to me”になってる!

 

 

このように、O1とO2の順序を逆にすることを、

第4文型⇔第3文型の書き換えと呼んでいるのです。

 

第4文型⇔第3文型書き換えの三つのパターン

上記を踏まえたうえで、第4文型⇔第3文型のパターンを三つ紹介いたします。

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 to O1

これは先ほど紹介したパターンです。

 

この形をとりやすい代表的な動詞は以下の通りです。

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 to O1
  • give: O1にO2を与える
  • hand: O1にO2を手渡す
  • leave: O1にO2を残す
  • pay: O1にO2を払う
  • send: O1にO2を送る
  • show: O1にO2を見せる
  • tell: O1にO2を言う
  • teach: O1にO2を教える

※bring「持ってくる」という動詞は、to/forどちらを使ってもOKです。

 

 

 

O1に直接何かを届ける動詞がこの形をとりやすいです。

 

前置詞toが持つ「到達*」の意味と相性が良いからですね。

 

* たとえばI went to Disneyland. 「わたしはディズニーへ行った」という文は、「わたし」が「ディズニー」に到着していることを意味しています。つまり、to~は「~に到着する」という意味を含むのです。

 

 

前置詞toのイメージについては、下記の記事で詳しく説明しています。

参考:【本質から理解!】前置詞toのイメージとは

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 for O1

コチラのパターンを取る代表的な動詞は下記の通りです。

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 for O1
  • make: O1にO2を作ってやる
  • buy: O1にO2を買ってやる
  • cook: O1にO2を料理してやる
  • choose: O1にO2を選んでやる

※bring「持ってくる」という動詞は、to/forどちらを使ってもOKです。

 

 

例文はコチラです。

He made me a doll.

= He gave a doll for me.

(彼はわたしに人形を作ってくれた)

 

 

なお、O1に何かを届けなくてもよい動詞がこの形をとりやすいです。

 

 

「作る」「買う」「料理する」「選ぶ」

たしかに、O1のためにしている行為ですが、それが相手に届くかはわかりませんよね。

 

作ったり買ったりしても、相手に最終的に渡さないかもしれないし、

料理したり選んだりしても、やはり相手にそれが届くかわかりません。

 

 

その意味合いが、前置詞forが持つ「方向性*」の意味と相性が良いのですね。

 

* たとえばI went for Disneyland. 「わたしはディズニーへ向けて出発した」という文は、「わたし」が「ディズニー」の方向に向かったことを意味しています。つまり、「到着したかどうか」はわからないのです。これが先ほど紹介したtoとの大きな違いです。

 

 

前置詞forのイメージについては、下記の記事で詳しく説明しています。

参考:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 of O1

コチラのパターンを取る動詞はaskのみです。問答無用で覚えましょう。

 

理屈が気になる方は下記の記事をお読みくださいね。

過去記事:May I ask a favor of you?でofを使う理由

 

 

例文はコチラです。

He asked me a difficult question.

= He gave a difficult question of me.

(彼はわたしに難しい質問をした)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

理屈を理解すれば、ぐっと暗記がしやすくなりますね。

「理解+暗記」の組み合わせは最強ですからね。

 

 

第4文型には他にも共通する「あるルール」が存在します。興味のある方は下記の記事をどうぞ。

参考記事:授与動詞とは? 第4文型を理解する

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 関連記事:【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えの落とし穴とは?【make O1 O2⇔make O2 for O1】 […]

  2. […] 関連記事:to型/for型/of型の詳しい違いとは? […]

  3. […] 参考記事②:【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えとは?【to/for/of型の違い】 […]