YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えとは?【to/for/of型の違い】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は第4文型⇔第3文型の書き換えの落とし穴について解説したいと思います。

 

 

SVO1O2からSVOに書き換えるときの注意点?

なにそれ?

 

 

 

まずは基本から確認していきましょう!

ざっくり3分で読むことが出来ます!

 

そもそも第4文型⇔第3文型の書き換えって?

まずは第4文型⇔第3文型の書き換えについて説明します。

 

次の例文を見てください。

He gave me a present.

= He gave a present to me.

(彼はわたしにプレゼントをくれた)

 

 

これをSVO…に分解すると下記のようになります。

 

 

上の例文は、

  • S= He
  • V= gave
  • O1= me
  • O2= a present

 

下の例文は、

  • S= He
  • V= gave
  • O2= a present
  • to O1*= to me

* 前置詞+名詞(=to + O1) はM (修飾語)になります。つまり、下の例文はSVOM = 第三文型です

 

ですね。

 

 

 

注目してほしいのは、meとa presentの位置関係です。

上と下の例文では逆になっています。

 

そして、下の例文では前置詞toが新たに登場してますね。

 

 

上は“me a present”で、

下は“a present to me”になってる!

 

 

このように、O1とO2の順序を逆にすることを、

第4文型⇔第3文型の書き換えと呼んでいるのです。

 

第4文型⇔第3文型書き換えの三つのパターン

上記を踏まえたうえで、第4文型⇔第3文型のパターンを三つ紹介いたします。

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 to O1

これは先ほど紹介したパターンです。

 

この形をとりやすい代表的な動詞は以下の通りです。

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 to O1
  • give: O1にO2を与える
  • hand: O1にO2を手渡す
  • leave: O1にO2を残す
  • pay: O1にO2を払う
  • send: O1にO2を送る
  • show: O1にO2を見せる
  • tell: O1にO2を言う
  • teach: O1にO2を教える

 

 

 

O1に直接何かを届ける動詞がこの形をとりやすいです。

 

前置詞toが持つ「到達*」の意味と相性が良いからですね。

 

* たとえばI went to Disneyland. 「わたしはディズニーへ行った」という文は、「わたし」が「ディズニー」に到着していることを意味しています。つまり、to~は「~に到着する」という意味を含むのです。

 

 

前置詞toのイメージについては、下記の記事で詳しく説明しています。

参考:【本質から理解!】前置詞toのイメージとは

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 for O1

コチラのパターンを取る代表的な動詞は下記の通りです。

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 for O1
  • make: O1にO2を作ってやる
  • buy: O1にO2を買ってやる
  • cook: O1にO2を料理してやる
  • choose: O1にO2を選んでやる

 

 

例文はコチラです。

He made me a doll.

= He gave a doll for me.

(彼はわたしに人形を作ってくれた)

 

 

なお、O1に何かを届けなくてもよい動詞がこの形をとりやすいです。

 

 

「作る」「買う」「料理する」「選ぶ」

たしかに、O1のためにしている行為ですが、それが相手に届くかはわかりませんよね。

 

作ったり買ったりしても、相手に最終的に渡さないかもしれないし、

料理したり選んだりしても、やはり相手にそれが届くかわかりません。

 

 

その意味合いが、前置詞forが持つ「方向性*」の意味と相性が良いのですね。

 

* たとえばI went for Disneyland. 「わたしはディズニーへ向けて出発した」という文は、「わたし」が「ディズニー」の方向に向かったことを意味しています。つまり、「到着したかどうか」はわからないのです。これが先ほど紹介したtoとの大きな違いです。

 

 

前置詞forのイメージについては、下記の記事で詳しく説明しています。

参考:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは

 

SVO1O2 ⇔ SVO2 of O1

コチラのパターンを取る動詞はaskのみです。問答無用で覚えましょう。

 

理屈が気になる方は下記の記事をお読みくださいね。

過去記事:May I ask a favor of you?でofを使う理由

 

 

例文はコチラです。

He asked me a difficult question.

= He gave a difficult question of me.

(彼はわたしに難しい質問をした)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

理屈を理解すれば、ぐっと暗記がしやすくなりますね。

「理解+暗記」の組み合わせは最強ですからね。

 

 

なお、第4文型には他にも共通する「あるルール」が存在します。

興味のある方は下記の記事をどうぞ。

参考記事:授与動詞とは? 第4文型を理解する

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

それでは!

 


コメント

  1. […] 関連記事:【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えの落とし穴とは?【make O1 O2⇔make O2 for O1】 […]

  2. […] 関連記事:to型/for型/of型の詳しい違いとは? […]

  3. […] 参考記事②:【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えとは?【to/for/of型の違い】 […]