【使役動詞のパターンを徹底網羅】make O Vingという形はない!

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

 

こんにちは!

今回は使役動詞のパターンについて解説したいと思います。

 

 

使役動詞って何?

 

 

 

make, have, let, get*のことですね。

全てSVOCの第五文型を取り、「OにVさせる」という意味になります。

 

 

*getは厳密に言うと「使役動詞的なモノ」ですが、今回は使役動詞として扱うことにします。

 

 

make, have, let, getの意味

まずはそれぞれの意味と使われ方を簡単に確認しましょう。

 

 

  • make O C: OにCさせる(強制)
  • have O C: OにCしてもらう(自然・当然のこととして)
  • let O C: OにCさせる(許可)
  • get O C: OにCしてもらう(説得・努力などをして)

 

 

 

Cの部分にV, Ving, Vp.p.のどれかが入るのですね。

(getはto V, Ving, Vp.p.のどれか)

 

ただ、

  • makeはVingが入らない
  • letはVing, Vp.p.が入らない

というルールがあるのです。

 

 

 

イマイチぴんと来ない…

 

 

 

例文付きで見てみましょう!

 

 

make

まずはmakeです。

 

 

OとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ V
  • OがCされている ⇒ Vp.p.

 

 

O = his son, C = visitですね。Cの部分はVの形になっています。

He made his son visit the place.

(彼は息子にその場所を訪問させた)

 

O = himself, C = understoodですね。Cの部分はVp.p.の形になっています。

He made himself understood in English.

(彼は英語で理解してもらった

≒ 彼自身を理解されている状態にさせた)

 

have

次にhaveです。

 

 

OとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ V
  • OがCしている ⇒ Ving
  • OがCされている ⇒ Vp.p.

 

 

O = his son, C = cleanですね。Cの部分はVの形になっています。

He had his son clean the house.

(彼は息子に家を掃除させた)

 

O = the water, C = runningですね。Cの部分はVingの形になっています。

He had the water running in the bathtub.

(彼は浴槽の中で水を出しっぱなしにした

≒ 水を出している状態にさせた)

 

O = his wallet, C = stolenですね。Cの部分はVp.p.の形になっています。

He had his wallet stolen the house.

(彼は彼の財布を盗まれた

≒ 彼の財布が盗まれている状態にさせた)

 

let

次にletです。

 

 

これもOとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ V

 

 

O = his dog, C = runですね。Cの部分はVの形になっています。

He let his dog runin the yard.

(彼はイヌに庭を走らせた

≒ イヌが走るのを許可した)

 

get

最後にgetです。

 

 

これもOとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ to V *
  • OがCしている ⇒ Ving
  • OがCされている ⇒ Vp.p.

* 「Cする」ときのみtoが付きます

 

 

O = his dog, C = runですね。Cの部分はVの形になっています。

He got her to cometo the party.

(彼は彼女にパーティーへ来てもらった)

 

O = the engine, C = runningですね。Cの部分はVingの形になっています。

He got the engine running.

(彼はエンジンを始動させた

≒ エンジンが稼働している状態にさせた)

 

O = the engine, C = repairedですね。Cの部分はVp.p.の形になっています。

He got the engine repaired.

(彼はエンジンを修理してもらった

≒ エンジンが修理された状態にさせた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

盲点となりがちな使役動詞の後ろの形も、これでバッチリパターンを網羅出来ましたね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント