【使役動詞のパターンを徹底網羅】make O Vingという形はない!

英文法

 

 

こんにちは!

今回は使役動詞のパターンについて解説したいと思います。

 

 

使役動詞って何?

 

 

 

make, have, let, get*のことですね。

全てSVOCの第五文型を取り、「OにVさせる」という意味になります。

 

 

*getは厳密に言うと「使役動詞的なモノ」ですが、今回は使役動詞として扱うことにします。

 

 

make, have, let, getの意味

まずはそれぞれの意味と使われ方を簡単に確認しましょう。

 

 

  • make O C: OにCさせる(強制)
  • have O C: OにCしてもらう(自然・当然のこととして)
  • let O C: OにCさせる(許可)
  • get O C: OにCしてもらう(説得・努力などをして)

 

 

 

Cの部分にV, Ving, Vp.p.のどれかが入るのですね。

(getはto V, Ving, Vp.p.のどれか)

 

ただ、

  • makeはVingが入らない
  • letはVing, Vp.p.が入らない

というルールがあるのです。

 

 

 

イマイチぴんと来ない…

 

 

 

例文付きで見てみましょう!

 

 

make

まずはmakeです。

 

 

OとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ V
  • OがCされている ⇒ Vp.p.

 

 

O = his son, C = visitですね。Cの部分はVの形になっています。

He made his son visit the place.

(彼は息子にその場所を訪問させた)

 

O = himself, C = understoodですね。Cの部分はVp.p.の形になっています。

He made himself understood in English.

(彼は英語で理解してもらった

≒ 彼自身を理解されている状態にさせた)

 

have

次にhaveです。

 

 

OとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ V
  • OがCしている ⇒ Ving
  • OがCされている ⇒ Vp.p.

 

 

O = his son, C = cleanですね。Cの部分はVの形になっています。

He had his son clean the house.

(彼は息子に家を掃除させた)

 

O = the water, C = runningですね。Cの部分はVingの形になっています。

He had the water running in the bathtub.

(彼は浴槽の中で水を出しっぱなしにした

≒ 水を出している状態にさせた)

 

O = his wallet, C = stolenですね。Cの部分はVp.p.の形になっています。

He had his wallet stolen the house.

(彼は彼の財布を盗まれた

≒ 彼の財布が盗まれている状態にさせた)

 

let

次にletです。

 

 

これもOとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ V

 

 

O = his dog, C = runですね。Cの部分はVの形になっています。

He let his dog run in the yard.

(彼はイヌに庭を走らせた

≒ イヌが走るのを許可した)

 

get

最後にgetです。

 

 

これもOとCの関係に注目です。

 

OとCの関係次第で、Cの部分に使われる形が変わってくるのですね。

  • OがCする ⇒ to V *
  • OがCしている ⇒ Ving
  • OがCされている ⇒ Vp.p.

* 「Cする」ときのみtoが付きます

 

 

O = his dog, C = runですね。Cの部分はVの形になっています。

He got her to come to the party.

(彼は彼女にパーティーへ来てもらった)

 

O = the engine, C = runningですね。Cの部分はVingの形になっています。

He got the engine running.

(彼はエンジンを始動させた

≒ エンジンが稼働している状態にさせた)

 

O = the engine, C = repairedですね。Cの部分はVp.p.の形になっています。

He got the engine repaired.

(彼はエンジンを修理してもらった

≒ エンジンが修理された状態にさせた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

盲点となりがちな使役動詞の後ろの形も、これでバッチリパターンを網羅出来ましたね!

 

質問等あればコメント欄までお願いします!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント