【語源・イメージでわかる】win/beat/defeatの違い【勝つ】

基本単語

 

今回は「勝つ」という単語の違いについてまとめました。

 

たとえば、“How to Win Friends and Influence People”という本があるのですが、これを「友達に勝つ方法~」とするのは誤訳です。実はコレ、winの正しい用法がわかっていないと、誤訳してしまうのですね。

 

win/beat/defeat「勝つ」という単語の違いを、イメージと共にサクッと見ていきましょう。

 

win/beat/defeat「勝つ」の違い

win/beat/defeat「勝つ」の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
<win: 後ろにモノ
  • 「試合や大会に」勝つ
  • 「賞などを」勝ち取る

⇒活用はwin-won-won

 


 

<beat: 後ろに人/相手

  • 「相手に」勝つ
  • 「相手を」打ち負かす

⇒「beat: 叩く」イメージ

⇒活用はbeat-beat-beat

 

<defeat: 後ろに人/相手

  • beatとほぼ同じだが、書き言葉で好まれる(フォーマルな感じの表現)
  • 「相手」の部分には、「国」のような大きな団体が来ることも多い

⇒「de: 離れて」、「feat: 作る」ので、「何もできないよう打ち負かす」イメージ

⇒活用はdefeated-defeated-defeated

 

 

 

大きな違いは後ろにくる単語(目的語の部分の単語)です。

 

ざっくり言うと、

  • 後ろに「モノ」がくるならwin
  • 後ろに「人/相手」がくるならbeat, defeat

です。

 

 

例文付きで見ていきましょう。

 

win

まずはwinからです。

 

例文を見てみましょう。後ろに「試合/大会/賞」といったモノが来ている点に注目です。

He won the match yesterday.

(彼は昨日その試合に勝った)

 

The politician won the election again.

(その政治家は選挙に再び勝った)

 

Donald won the first prize.

(ドナルドは1等賞を勝ち取った)

 

He has won the lottery.

(彼は宝くじに当たった ≒当たりを勝ち取った/獲得した)

 

beat/defeat

beat/defeatです。defeatの方があらたまった印象があります。

 

例文を見てみましょう。後ろに「人/国/チーム」といったモノ (対戦相手)が来ている点に注目です。

She narrowly/easily beat me at chess.

(彼女はぎりぎりで/簡単に 私にチェスで勝った)

 

The country finally beat inflation.

(その国はとうとうインフレに打ち勝った)

 

China was beaten in the final 3-1.

(中国は決勝で3-1で負けた ≒中国は打ち負かされた)

 

I’m beaten.

(参った ≒私は打ち負かされている)

 

The army finally defeated Napoleon.

(その軍隊はとうとうナポレオンを負かした)

 

Our school defeated a top-seeded team by 5 points.

(わが校は第一シードを5点差で負かした)

 

 

なお、beat/defeatは語源から考えると、後ろに「人/国/チーム」といったモノ (対戦相手)が来る理由が理解しやすいです。

 

 

まず、beatには「打つ/叩く」という意味があります。「ビートを刻む」という日本語からも感覚的に理解しやすいと思います。「ドンドコと何度も相手を打つ」イメージです。

 

そのため、「対戦相手を叩く」というイメージで、後ろに「人/国/チーム」といったモノ (対戦相手)が来るのですね。

 

 

また、defeatは「de: 離れて」「feat: 作る」と分解して考えることが出来ます。

 

「作ることから離す⇒何もできないくらい打ち負かす」というイメージです。このことから、やはり後ろに「人/国/チーム」といったモノ (対戦相手)が来るのですね。

 

“How to Win Friends and Influence People”の意味とは?

ここで、冒頭の本のタイトル“How to Win Friends and Influence People”を改めて見てみましょう。

 

 

“Win Friends”の部分を「友達に勝つ」と訳すのは誤りなのですね。

 

なぜなら、Winの後ろには「試合/大会/賞」といったモノが来なければならないからです。

 

つまり、Winの後ろで使われていることから、ここではFriendsを「賞」のようなモノとして捉えなければいけないのです。

 

 

上記のことを踏まえると、“How to Win Friends and Influence People”は「どうやって友達を勝ち取り、人々に影響を与えるか」といった意味に捉えるのが正しいでしょう。

 

 

意外と盲点なので、win/beat/defeatの用法には注意してくださいね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント