【一発理解!】all the more, none the more, none the lessの意味と違いとは

比較

 

こんにちは、今回は「all the more 理由」の表現を取り上げます。「…なのでいっそう~」という訳ですね。

 

みなさんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

うっすらと…

ただなんとなく苦手意識が…

 

 

実はわたしもずっと苦手意識を持っていたのですが、

それってこの熟語の仕組みを知らなかったからなんですね。

 

どのようにこの表現は成り立っているのか?

品詞分解し、徹底的に見ていきましょう。

 

全体像

まずは全体像を示します。今回取り上げる表現や、類似の表現を簡単にまとめます。

 

all the more系の表現

 <all the 比較級+理由>

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

 

 <none the 比較級+理由>

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

 

 <none the less+理由>

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

大きく分けて3種類です。

 

全て、「○○ the 比較表現+理由」という構造は変わりませんね。

 

なぜこのような訳になるのか?

順番に見ていきましょう。

 

all the 比較級+理由

 

all the 比較級+理由のパターンです。

「〇〇という点が理由で、もっとプラスになっちゃう!」という表現です。

 

このパターンは、

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

の二つです。

 

どちらも同じ意味になりますね。例文で見てみましょう。

I like him all the better because he has some faults.

= I like him all the better for his faults.

(彼が欠点を持っているので、わたしはいっそう彼のことが好きだ)

 

 

まず、「彼のことが好き」という事実がベースにあります。

 

で、さらに、「彼が欠点を持っている」という事実が理由で、「彼のことが好き」という事実が強められているんです。

 

理由に当たる部分は、because / forどちらで表現してもOKです。

 

forには「~なので」という理由の意味もあるので、知らなかった人はこれを機会に覚えておきましょう。

 

直訳から考える

さて、とりあえずの形を確認したところで、

なぜall the 比較級+理由が「…なので、いっそう~」という意味になるのか?

を考えてみましょう。

 

 

まずはallから。

allには「まったく、すっかり」と意味を強める副詞の用法があります。

 

そしてtheです。

theには「それだけ、ますます」という副詞の用法があるんですね。

冠詞の意味だけじゃないんですね。驚きです。

 

さらに比較級。

これはそのまま。比較級は「さらに、より」というおなじみの意味ですね。

 

で、最後に理由の表現が来るわけです。

これもそのまま。理由は「…なので」です。

 

 

これらを全て組み合わせて直訳すると、

「…なので、すっかりますます さらに~」くらいの意味になるでしょうか。

 

「…なので、いっそう~」という意味とほぼ同じになりましたね。

 

 

※なお、本表現の語順については次の記事で詳しく説明しています。

参考記事:【徹底解明!】all the more~ because… の位置について

 

none the 比較級+理由

続いて、none the 比較級+理由のパターンです。

「イイところがあるからといって、プラスになることは少しもないよ」という表現です。

 

これも、

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

の二つの表現がありますね。

 

先ほどとの違いは、allの代わりにnoneが使われている点です。

 

例文で見てみましょう。

I like him none the more because he has faults.

= I like him none the more for his faults.

(彼がカッコイイからといって、わたしは少しも彼が好きではない)

 

直訳から考える

これも直訳から考えてみましょう。

 

まず、noneは「少しも~でない」という副詞です。

 

theは「それだけ、ますます」という意味の副詞でしたね。

比較級は「さらに、より」という意味のおなじみの表現で、

理由は「…なので」です。

 

 

これらを全て組み合わせて直訳すると、

「…なので、ますます さらに~ということは少しもない」くらいの意味になるでしょうか。

 

「…だからといって、少しも~ない」という意味に近くなりましたね。

 

none the less+理由

最後にnone the less+理由です。

「欠点があってもOK、気にしないよ」という意味合いを持つ表現です。

 

やはりbecauseとforを使った二パターンあります。

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

none the 比較級+理由との違いは、

比較級部分にlessが使われている点です。

 

例文で見てみましょう。

I like him none the less because he has some faults.

= I like him none the less for his faults.

(彼が欠点を持っているにもかかわらず、わたしは彼のことが好きだ)

 

直訳から考える

これも直訳から考えてみましょう。

 

まず、noneは「少しも~でない」という副詞、

theは「それだけ、ますます」という意味の副詞でしたね。

 

今回は、次にlessが使われています。

マイナス方向の比較の表現で、lessは「より少ない、より~でない」という意味を持っています。

 

理由は「…なので」ですね。

 

 

これらを全て組み合わせて直訳すると、

「…なので、ますます より~でなくなることは少しもない」くらいの意味になるでしょうか。

 

「…にもかかわらず、~だ」という意味に近くなりましたね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

表現のまとめを改めて載せておきます。今度は頭に入りやすくなったのではないでしょうか。

 

all the more系の表現

 <all the 比較級+理由>

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

 

 <none the 比較級+理由>

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

 

 <none the less+理由>

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

 

この手の表現を学校で習ったものの、「なぜこの訳になるのか?」をわからず丸暗記していた方も多いと思います。丸暗記は必ずしも悪ではないのですが(場合によっては丸暗記した方が早いです)、やはり理屈と一緒に覚えた方が頭に残りやすいです。

 

理屈を押さえたうえで、あとは何度も音読をして、感覚的に身体で吸収してしまいましょう。

 

それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考記事>all the more for 理由の意味まとめ […]

  2. […] 【なのでいっそう~】all the more 理由【意味を品詞分解】 […]

  3. […] 参考記事:【一発理解!】all the more, none the more, none the lessの意味と違い […]

  4. […] ・all the more, none the more, none the lessの意味と違いとは […]