【一発理解!】all the more, none the more, none the lessの意味と違いとは

比較

 

こんにちは、今回は「all the more 理由」の表現を取り上げます。「…なのでいっそう~」という訳ですね。

 

みなさんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

うっすらと…

ただなんとなく苦手意識が…

 

 

実はわたしもずっと苦手意識を持っていたのですが、

それってこの熟語の仕組みを知らなかったからなんですね。

 

どのようにこの表現は成り立っているのか?

品詞分解し、徹底的に見ていきましょう。

 

全体像

まずは全体像を示します。今回取り上げる表現や、類似の表現を簡単にまとめます。

 

all the more系の表現

 <all the 比較級+理由>

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

 

 <none the 比較級+理由>

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

 

 <none the less+理由>

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

大きく分けて3種類です。

 

全て、「○○ the 比較表現+理由」という構造は変わりませんね。

 

なぜこのような訳になるのか?

順番に見ていきましょう。

 

all the 比較級+理由

 

all the 比較級+理由のパターンです。

「〇〇という点が理由で、もっとプラスになっちゃう!」という表現です。

 

このパターンは、

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

の二つです。

 

どちらも同じ意味になりますね。例文で見てみましょう。

I like him all the better because he has some faults.

= I like him all the better for his faults.

(彼が欠点を持っているので、わたしはいっそう彼のことが好きだ)

 

 

まず、「彼のことが好き」という事実がベースにあります。

 

で、さらに、「彼が欠点を持っている」という事実が理由で、「彼のことが好き」という事実が強められているんです。

 

理由に当たる部分は、because / forどちらで表現してもOKです。

 

forには「~なので」という理由の意味もあるので、知らなかった人はこれを機会に覚えておきましょう。

 

直訳から考える

さて、とりあえずの形を確認したところで、

なぜall the 比較級+理由が「…なので、いっそう~」という意味になるのか?

を考えてみましょう。

 

 

まずはallから。

allには「まったく、すっかり」と意味を強める副詞の用法があります。

 

そしてtheです。

theには「それだけ、ますます」という副詞の用法があるんですね。

冠詞の意味だけじゃないんですね。驚きです。

 

さらに比較級。

これはそのまま。比較級は「さらに、より」というおなじみの意味ですね。

 

で、最後に理由の表現が来るわけです。

これもそのまま。理由は「…なので」です。

 

 

これらを全て組み合わせて直訳すると、

「…なので、すっかりますます さらに~」くらいの意味になるでしょうか。

 

「…なので、いっそう~」という意味とほぼ同じになりましたね。

 

 

※なお、本表現の語順については次の記事で詳しく説明しています。

参考記事:【徹底解明!】all the more~ because… の位置について

 

none the 比較級+理由

続いて、none the 比較級+理由のパターンです。

「イイところがあるからといって、プラスになることは少しもないよ」という表現です。

 

これも、

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

の二つの表現がありますね。

 

先ほどとの違いは、allの代わりにnoneが使われている点です。

 

例文で見てみましょう。

I like him none the more because he has faults.

= I like him none the more for his faults.

(彼がカッコイイからといって、わたしは少しも彼が好きではない)

 

直訳から考える

これも直訳から考えてみましょう。

 

まず、noneは「少しも~でない」という副詞です。

 

theは「それだけ、ますます」という意味の副詞でしたね。

比較級は「さらに、より」という意味のおなじみの表現で、

理由は「…なので」です。

 

 

これらを全て組み合わせて直訳すると、

「…なので、ますます さらに~ということは少しもない」くらいの意味になるでしょうか。

 

「…だからといって、少しも~ない」という意味に近くなりましたね。

 

none the less+理由

最後にnone the less+理由です。

「欠点があってもOK、気にしないよ」という意味合いを持つ表現です。

 

やはりbecauseとforを使った二パターンあります。

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

none the 比較級+理由との違いは、

比較級部分にlessが使われている点です。

 

例文で見てみましょう。

I like him none the less because he has some faults.

= I like him none the less for his faults.

(彼が欠点を持っているにもかかわらず、わたしは彼のことが好きだ)

 

直訳から考える

これも直訳から考えてみましょう。

 

まず、noneは「少しも~でない」という副詞、

theは「それだけ、ますます」という意味の副詞でしたね。

 

今回は、次にlessが使われています。

マイナス方向の比較の表現で、lessは「より少ない、より~でない」という意味を持っています。

 

理由は「…なので」ですね。

 

 

これらを全て組み合わせて直訳すると、

「…なので、ますます より~でなくなることは少しもない」くらいの意味になるでしょうか。

 

「…にもかかわらず、~だ」という意味に近くなりましたね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

表現のまとめを改めて載せておきます。今度は頭に入りやすくなったのではないでしょうか。

 

all the more系の表現

 <all the 比較級+理由>

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

 

 <none the 比較級+理由>

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

 

 <none the less+理由>

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

 

この手の表現を学校で習ったものの、「なぜこの訳になるのか?」をわからず丸暗記していた方も多いと思います。丸暗記は必ずしも悪ではないのですが(場合によっては丸暗記した方が早いです)、やはり理屈と一緒に覚えた方が頭に残りやすいです。

 

理屈を押さえたうえで、あとは何度も音読をして、感覚的に身体で吸収してしまいましょう。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それではまた!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
比較 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考記事>all the more for 理由の意味まとめ […]

  2. […] 【なのでいっそう~】all the more 理由【意味を品詞分解】 […]

  3. […] 参考記事:【一発理解!】all the more, none the more, none the lessの意味と違い […]

  4. […] ・all the more, none the more, none the lessの意味と違いとは […]