【東大OB&現役講師が解説】a/anが「同じ」という意味になる場合と理由とは

冠詞

 

今回はa/anが「同じ」という意味になる場合と理由について解説してみます。

 

a/anは「一つ」という意味になるんじゃないの?

 

実は、a/anって文脈次第では様々な意味になるのです。

 

そのうち、今回は「同じ」という意味について取り上げてみたいと思います。

 

※その他の意味に興味のある方は下記の記事もぜひ

固有名詞にa/an不定冠詞が付く場合の意味とは【a Picasso/a Mr.Brown】

 

「同じ」という意味になる場合とその理由

まずは例文から見てみましょう。

 

a/anが「同じ」という意味で使われています。

We are of an age.

(我々は同じ年だ)

 

Birds of a feather flock together.

(同じ羽の鳥は一か所に群れる =類は友を呼ぶ)

 

Two of a trade seldom agree.

(同じ商売の人はめったに意見が一致しない)

 

 

このように、ある限られた文において(ことわざ系に多いです)、

aは「同じ」という意味で使われることがあります。

 

 

どうして「同じ」という意味になるの?

 

実は、日本語と同じ感覚が流れています。

 

次の文を考えてみてください。

  • いつも一つのことばかりしているね
  • 一つのことに集中して取り組みなさい

 

aの最も一般的な訳は「一つの」という意味ですね。

 

 

そして、どうでしょう。

 

 

上述の日本語の例文において、「一つの」という言葉は、「同じ」という意味で使われています。

 

  • いつも一つのことばかりしているね =いつも同じことばかりしているね
  • 一つのことに集中して取り組みなさい =同じことに集中して取り組みなさい

 

 

このように、a/anが「同じ」という意味になるのには、日本語と同じ感覚(「一つの」⇒「同じ」という意味になることがある)が関係しているのですね。

 

まとめ

いかがでしたか? 英語を学習するうえで、日本語の感覚を使えることもたまにあります。

 

ぜひぜひ、様々な力を都合よく借りつつ、これからも英語を勉強していってくださいね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
冠詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] a/anが「同じ」という意味になる場合と理由とは […]