【東大OB&現役講師が解説】a/anが「同じ」という意味になる場合と理由とは

冠詞

 

今回はa/anが「同じ」という意味になる場合と理由について解説してみます。

 

a/anは「一つ」という意味になるんじゃないの?

 

実は、a/anって文脈次第では様々な意味になるのです。

 

そのうち、今回は「同じ」という意味について取り上げてみたいと思います。

 

※その他の意味に興味のある方は下記の記事もぜひ

固有名詞にa/an不定冠詞が付く場合の意味とは【a Picasso/a Mr.Brown】

 

「同じ」という意味になる場合とその理由

まずは例文から見てみましょう。

 

a/anが「同じ」という意味で使われています。

We are of an age.

(我々は同じ年だ)

 

Birds of a feather flock together.

(同じ羽の鳥は一か所に群れる =類は友を呼ぶ)

 

Two of a trade seldom agree.

(同じ商売の人はめったに意見が一致しない)

 

 

このように、ある限られた文において(ことわざ系に多いです)、

aは「同じ」という意味で使われることがあります。

 

 

どうして「同じ」という意味になるの?

 

実は、日本語と同じ感覚が流れています。

 

次の文を考えてみてください。

  • いつも一つのことばかりしているね
  • 一つのことに集中して取り組みなさい

 

aの最も一般的な訳は「一つの」という意味ですね。

 

 

そして、どうでしょう。

 

 

上述の日本語の例文において、「一つの」という言葉は、「同じ」という意味で使われています。

 

  • いつも一つのことばかりしているね =いつも同じことばかりしているね
  • 一つのことに集中して取り組みなさい =同じことに集中して取り組みなさい

 

 

このように、a/anが「同じ」という意味になるのには、日本語と同じ感覚(「一つの」⇒「同じ」という意味になることがある)が関係しているのですね。

 

まとめ

いかがでしたか? 英語を学習するうえで、日本語の感覚を使えることもたまにあります。

 

ぜひぜひ、様々な力を都合よく借りつつ、これからも英語を勉強していってくださいね。

 

なお、冠詞についてさらに詳しく学びたい方には、aとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。

 

わたしが今まで読んだ冠詞系の本の中で、一番わかりやすい&本質に迫った説明がなされていると感じました。一般の書店にはあまりないのですが、ぜひ一度お読みすることをおススメします。

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] a/anが「同じ」という意味になる場合と理由とは […]