【必ずわかる】may well do/may as well do as doの意味・用法【might well/might as well】

基本単語

 

今回は以下の三つの意味・用法をまとめたいと思います。

  • may (might)  well V
  • may (might)  as well V1 as V2
  • may (might)  as well V1

 

 

なぜそのような意味になるのか?

 

一見ごちゃごちゃしていて意味の分からない表現ですが、順を追って捉えていけば絶対わかりますよ!

 

※こちらの記事は動画でもわかりやすく解説しています。

【アナタは大丈夫?】may well/may as well/may as well V1 as V2の違いとは?

 

may (might)  well V、may (might)  as well V1 as V2、may (might)  as well V1の意味・用法まとめ

まずは今回の表現の意味・用法をまとめてみましょう。

 

ポイント
  • may (might)  well V:①たぶんVするだろう、②Vするのも当然だ
  • may (might)  as well V1 as V2:V2するくらいなら、V1する方がましだ
  • may (might)  as well V1:V1するほうがましだ/V1した方がよい

※mightが使われると意味が弱くなるが、日本語の和訳自体はほぼ同じと考えてOK

 

どうしてこんな意味になるの?

 

 

mayの持つ意味を考えてみると、理解が早くなります。

 

単語レベルに分解して考える

それぞれの表現を単語レベルに分解して考えてみましょう。

 

may well

まずはmay wellからです。

 

 

mayはmay Vの形で使われて、

  • ①Vかもしれない(推量)
  • ②Vしてもよい(許可)

の二つの意味になるのですね。

 

 

may wellは上記を強めた形と考えてください。

 

wellには「よく、かなり」という意味があり、これがmayを強めているのです。

 

 

ざっくり言うと、may wellは「かなりmay」という意味なのですね。

 

may wellはmayがもともと持つ意味を強めた形なので、それぞれ右側のような意味になるのです。

  • ①Vかもしれない(推量)⇒たぶんVだろう(推量の確信度合いアップ)
  • ②Vしてもよい(許可)⇒Vするのも当然だ(許可の度合いアップ)

 

 

特に②については、

許可の度合いアップ⇒許可を与えるまでもない(Vするのも当然だ)

という発想です。

 

 

例文はコチラです。

He may well stay at home.

(彼はおそらく家にいるだろう)

 

He may well get angry.

(彼が怒るのももっともだ)

 

 

 

なお、might wellも同じ意味になりますが、may⇒mightになっている分、表現が持つ意味が弱くなると考えてくださいね。(和訳するときの日本語自体は、mayと全く同じと考えて大丈夫ですが)

 

※仮定法の発想で、時制を過去にずらすと「現実世界のことではない」というニュアンスがでてくるので、mayよりもmightの方が弱い言い方になります。仮定法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し

 

may as well V1 as V2

次はmay as well V1 as V2です。

 

これは、

  • may V1: V1してもよい
  • may V2: V2してもよい

の二つがas-as「同じくらい」を使って一つの文に結合されていると考えましょう。

 

 

つまり、これを組み合わせると、

may as V1 as V2となり、「V1=V2」という関係になりますね。

 

 

しかし、ここへさらにwellが加わるのです。

 

 

wellは近くにあるV1を強めてしまうのですね。

 

つまり、may as well V1 as V2では「V1>V2」という関係に変化します。

 

 

そのため、「V1してもよい > V2してもよい」という意味合いに代わるので、

「V2するくらいなら、V1する方がましだ(V1する方がよい)」という意味になるのですね。

 

 

例文はコチラです。

You may as well stay at home as go out.

(君は外に出るくらいなら、家にいた方がましだ)

 

 

 

なお、この表現でもmightを使うと、意味が弱くなります。(和訳するときの日本語は、mayと全く同じと考えて大丈夫です)

 

may as well V1

最後にmay as well V1です。

 

これは、may as well V1 as V2から“as V2″の部分がなくなった表現だと考えてください。

 

 

つまり、may as well V1 as V2のas V2部分を無視して訳せばOKです。

 

  • may as well V1 (as V2): (V2するくらいなら、)V1する方がましだ

 

 

例文はコチラです。

You may as well stay at home.

(君は家にいた方がましだ)

 

 

コチラの表現でも、mightを使った場合は意味が弱くなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

改めてまとめを載せておきます。理解したうえでまとめを眺めると、今度は頭にスッと入ってきますね!

 

ポイント
  • may (might)  well V:①たぶんVするだろう、②Vするのも当然だ
  • may (might)  as well V1 as V2:V2するくらいなら、V1する方がましだ
  • may (might)  as well V1:V1するほうがましだ/V1した方がよい

※mightが使われると意味が弱くなるが、日本語の和訳自体はほぼ同じと考えてOK

 

 

一見難解な表現も、理解できると楽しいですね!

 

引き続き英語の勉強を楽しんでいきましょう。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント