【目からウロコ】as good asが「~同然」となる理由【意味・用法】

形容詞・副詞

 

今回はas good asという表現について掘り下げてみました。

 

これは「~同然」という意味で訳されることが多いですが、どうしてそのような意味になるのでしょう?

 

その理由、そして用法を今回の記事ではまとめてみました!

 

as good asの意味・用法

まず、as good asの意味・用法は下記の通りです。

 

as good as意味・用法
  1. ~同然 (形容詞、副詞、動詞の前で使用)
  2. ~と同じくらい良い

 

 

まず、「2. ~と同じくらい良い」は理解しやすいと思います。goodに「良い」という意味があり、それがasで挟まれると「同じくらい良い」という意味になりますね。

 

 

一方の「1. ~同然」は少しわかりにくいかもしれません。例文から見てみましょう。

This car is as good as new.

(この車は新車も同然だ)

 

This relationship is as good as finished.

(この関係は終わったも同然だ)

 

 

 

これは、goodに「十分な」という意味があることを知ると、理解しやすいと思います。

 

例えば、

good chance (十分な可能性)

a good day’s work (たっぷり一日かかる仕事)

* aはdayにつけられたもの。workにつけられたものではないので注意(workは「仕事」の意味では不可算名詞)

といった具合です。

 

 

つまり、as good asの直訳は「~と同じくらい十分」ということなのですね。

 

先ほどの例文で言えば、「新しいのと同じくらい十分」「終わったのと同じくらい十分」が直訳です。そこから「~同然」という意味につながっています。

 

おわりに

こうして成り立ちを考えると面白いですね。例文を何度か音読してみると頭に残りやすくなります。

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
形容詞・副詞比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント