【すぐわかる】as if to V/as though to Vの意味・用法

接続詞

 

今回はas if to V/ as though to Vの意味・用法を紹介したいと思います。

 

3分程度ですぐわかりますよ!

 

as if to V/ as though to Vの意味・用法

as if to V/ as though to Vの意味・用法はこちらです。

 

ポイント
  • as if to V/as though to V: Vするかのように

※as if~の方が頻度は高い

 

 

例文はこちらです。

He looked at me as if to say I am to blame for the accident.

He looked at me as though to say I am to blame for the accident.

(あたかもわたしがその事故に責任があるかのように、彼はわたしのことを見た)

 

 

※be to blameの部分の表現が「?」の方はコチラの記事をご覧ください。

【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由

 

 

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞 準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント