YouTubeもやっています!

【すぐわかる】as if to V/as though to Vの意味・用法

接続詞

 

今回はas if to V/ as though to Vの意味・用法を紹介したいと思います。

 

3分程度ですぐわかりますよ!

 

as if to V/ as though to Vの意味・用法

as if to V/ as though to Vの意味・用法はこちらです。

 

ポイント
  • as if to V/as though to V: Vするかのように

※as if~の方が頻度は高い

 

 

例文はこちらです。

He looked at me as if to say I am to blame for the accident.

He looked at me as though to say I am to blame for the accident.

(あたかもわたしがその事故に責任があるかのように、彼はわたしのことを見た)

 

 

※be to blameの部分の表現が「?」の方はコチラの記事をご覧ください。

【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由

 

 

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

接続詞準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント