「neither of A」と「none of A」の違いとは?【一発理解】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は、neither of Aとnone of Aの違いについて説明します。

 

それぞれ「Aのどちらも~ない」、「Aのどれも~ない」という訳になるのですが、

意味合いはだいぶ異なります。

 

 

 

どんなふうに違うの?

 

 

 

その違いを下記で見ていきましょう!

 

neither of A:2つを否定、none of A:3つ以上を否定

注目すべきは、ズバリその数です。

 

否定する対象が2つ以上の場合はneither of A

否定する対象が3つ以上の場合はnone of Aを使用します。

 

 

例文はコチラです。

There were Satoshi and Kasumi. Neither of them attended the meeting.

(サトシとカスミがいた。彼らのどちらも、そのミーティングに参加しなかった)

 

There were Ken, Yuko and Takeshi. None of them attended the meeting.

(サトシとカスミ、タケシがいた。彼らのどれも、そのミーティングに参加しなかった)

 

 

neitherの場合は、「サトシとカスミがいた」というように、

直前の文で2人しか出てきていませんね。

 

二人なので、「どちらも~しなかった」とするために、neitherを使っているのです。

 

 

一方、noneの場合は、「サトシとカスミ、タケシがいた」というように、

直前の文で3人以上出てきています。

 

三人以上なので、「どれも~しなかった」とするために、noneを使っているのです。

 

 

 

ちなみに、非常にどうでも良いですが、参加人物は全員ポケモンです。

気がつきましたか?笑

 

おわりに

いかがでしたか?

 

日本語訳だけで考えるとイマイチぴんと来ませんが、

その内容(数)で考えると、一発で理解できますね!

 

 

常に本質を理解するように努めつつ勉強をすると良いですね。

 

それでは! ご質問等あれば、コメント欄にて受け付けます!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント