【決定版】atを使う熟語・定型表現まとめ一覧【イメージで理解】

前置詞

 

atを含む熟語についてまとめてみました。

 

約50個あります。

 

大学受験はもちろん、各種資格試験、英会話も、atに関する定型表現はこれだけ覚えておけばOKです。

 

atを使う熟語まとめ一覧

こちらがatを使う熟語まとめ一覧です。

 

atが持つ大まかな意味ごとにざっくりわけてあります。

 

atには、

  1. 「~の一点で」
  2. 「~を狙って(目標、標的)」
  3. 「従事、状態」
  4. 「(価格、距離、速度などが)~で」
  5. 「原因、理由」

といった意味があるのですね。

 

 

atは「点を示すイメージ」と考えてください。

 

物理的にも時間的にも、比較的狭い一点を指すのです。(矢印の先をさすイメージ)

 

 

なお、前置詞atをさらに詳しく知りたい方は、下記の記事もお読みくださいね。超わかりやすく&さらに詳しくまとめてあります。前置詞は奥が深いですよ。

【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

 

 

さあ、atが持つ意味をイメージしつつ、一つずつ熟語・定型表現を見ていきましょう!

 

「~の一点で」

「~の一点で」の意味で使われている表現です。

 

  • all at once: 突然 (「at once: 突然」をallが強調)
  • at a distance: ある距離を置いて
  • at all costs: ぜひとも、どんな犠牲を払っても
  • at any cost: ぜひとも、どんな犠牲を払っても
  • at any price: ぜひとも、どんな犠牲を払っても
  • at any rate: とにかく、いずれにせよ
  • at all events: とにかく、いずれにせよ
  • at first hand: 直接、じかに
  • at first sight: 一目で
  • at a glance: 一目で
  • at hand: 手元に、近づいて
  • at heart: 心の底は
  • at large: 概して
  • at the cost of~: ~を犠牲にして
  • at the risk of~: ~の危険を冒して
  • at the mercy of~: ~に左右されて、なすがままで (mercy: 慈悲)
  • at a time: 同時に、一度に
  • at one time: 同時に、一度に
  • at one’s disposal: 思い通りに
  • at one’s convenience: 都合のいいときに
  • at the same time: 同時に
  • at all times: いつも
  • at any time: いつでも
  • at times: ときどき
  • drop in at~: (場所)をちょっと訪れる
  • drop in on~: (人)をちょっと訪れる
  • present oneself at~: ~に出席する
  • put up at~: ~に泊まる

 

「~を狙って(目標、標的)」

ある一点をピンポイントで指せば、「~を狙って(目標、標的)」ということにもなりますね。

 

  • aim at~: ~を狙う
  • be driving at~: ~を言おうとする/意図する
  • catch at~: ~をつかもうとする
  • get at~: ~に達する、~を意図する、~を見つける
  • throw A at B: AをBに投げてぶつける (to Bなら、「Bに投げて取ってもらう」)

 

「従事、状態」

ピンポイントで「ある状態にいる / あることに従事している」と考えます。

 

  • at a loss: 途方に暮れて
  • at ease: 安心した (発音は「イーズ」と濁るので注意)
  • ill at ease: 不安な
  • at full length: 手足をのびのびと伸ばして
  • at issue: 論争中で
  • at one’s disposal: 思い通りに (disposal: 処分)
  • at one’s wit’s end: 途方に暮れて (wit: 機知、正気 / end: 終わり、端、限界)
  • at peace: 平和に
  • at random: 手当たり次第に、でたらめに (≒ランダムの状態で)
  • at table: 食事中で
  • at the thought of~: ~を考えて
  • at will 意のままに
  • at work: 仕事中で
  • be at home with~: ~に精通している (≒~について家にいるような状態)

 

「(価格、距離、速度などが)~で」

変化する物事のある一点を指すイメージです。

 

  • at full speed: フルスピードで
  • at one’s best: 最高の状態で

 

「原因、理由」

感情の原因を指さすようなイメージです。

 

  • at the sight of~: ~を見て
  • be pleased at~: ~に喜ぶ (atではなくwith/aboutもアリ。atは動作、withは人、aboutは事柄が後ろに続く)
  • be delighted at~: ~に喜ぶ
  • be disappointed at~: ~に失望する
  • be surprised at~: ~に驚く

 

まとめ

いかがでしたか? atの「点を示すイメージ」を頭に置くと、様々な意味を一気に理解できますね!

 

定型表現の理解に前置詞はとても重要なので、よろしければ下記の記事(前置詞系の記事がたくさんまとめてあります)もお読みくださいね。

前置詞の記事まとめ

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント