YouTubeもやっています!

【イメージで理解】「確かに」sure/surely/certainly/definitelyの違いとは

基本単語

 

今回は「確かに」という意味を持つ単語の違いについてまとめてみたいと思います。

 

sure/surely/certainly/definitelyの違いは完璧に理解出来ているでしょうか?

 

イメージ付きでわかりやすくお伝えしていきます!

 

sure/surely/certainly/definitelyの意味・用法まとめ

まずはsure/surely/certainly/definitely「たしかに」という意味・用法の違いをまとめてみましょう。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「たしかに」各単語の違い
  • sure: たしかに (主観的、くだけている)
  • surely: たしかに (文修飾での使用)

 

  • certainly: たしかに (客観的、かしこまっている)

 

  • definitely: たしかに (確信度超強い)

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

sure/surelyの違い

sure/surelyの違いからみていきましょう。

 

両者の違いはざっくり下記の通りです。

  • sure: たしかに (相手への返答で使用、形容詞で使用)
  • surely: たしかに (文修飾での使用)

 

 

まず、sureは相手への返答や形容詞として使用します。

<相手への返答>

“Can you come to my house?” (私の家に来てくれませんか?)

Sure.” (いいですとも)

 

<形容詞>

I am sure that he will win. (わたしは、彼が勝つだろうと確信している)

 

 

一方のsurelyは、文修飾 (文全体を修飾、副詞)する形で使用されます。

He is surely a nice boy. (彼は確かに素敵な少年だ)

He will surely succeed. (彼は確かに成功するだろう)

 

sure/certainlyの違い

次にsureとcertainの違いです。

 

両者の違いはざっくり下記の通りです。

  • sure: たしかに (主観的、くだけている)
  • certainly: たしかに (客観的、かしこまっている)

 

 

sureは主観的/くだけたイメージの言葉です。

 

一方のcertainlyは、客観的なイメージの言葉です。客観的なので少し距離を感じさせる…ということで、かしこまったイメージにもつながる(そういえばcertainlyの方がスペルも長いし、なんだか言いにくいですね。そこにも正式な響きが感じられます)のですね。

 

 

例文はコチラです。

 

「くだけている vs かしこまっている」のイメージをつかんでくださいね。

“Can you come to my house?” (私の家に来てくれませんか?)

Sure.” (たしかに =くだけた表現)

 

“Can you come to my house?” (私の家に来てくれませんか?)

Certainly.” (たしかに =かしこまった表現)

 

 

「主観的 vs 客観的」のイメージをつかんでくださいね。(certainという形容詞が使われています)

I am sure that he will win.

(わたしは、彼が勝つだろうと確信している =わたしが勝手に思っているだけ)

 

It is certain that he will win.

(彼が勝つのは確かだ =客観的に見てもそう考えられる)

 

 

なお、sureは主観的な表現なので「人」が主語になっていますね。その「人」が勝手に確信しているだけなのです。

 

一方のcertainは客観的な表現なので「人以外 (形式主語it)」が主語になっています。少し距離を置いた、客観的なニュアンスをそこにも感じることが出来ますね。

 

definitely

definitelyです。

 

ポイントは下記の通りです。

  • definitely: たしかに (確信度超強い)

 

 

確信度の強さがポイントです。

 

この単語は「define: ~を定義する」からきているのですが、

defineには「範囲/区画をハッキリ決める」というイメージが伴うのです。

 

「言葉を定義する」ときは、その言葉の適用範囲をハッキリ決めるということですし、

「家の区画を定義する」ときは、ココからココまでが敷地ですよ、と家の区画をハッキリ決めることを意味しますね。

 

 

 

このように、definitelyは「範囲/区画をハッキリ決める」ことが根底にあるので、非常に強い確信度へとつながっていくのです。

 

例文はコチラです。(-lyで終わっていることからもわかる通り、副詞として機能します)

You definitely need help.

(君はたしかに助けが必要だ)

 

まとめ

いかがでしたか? 各単語の違いを改めてまとめてみましょう。

 

「たしかに」各単語の違い
  • sure: たしかに (主観的、くだけている)
  • surely: たしかに (文修飾での使用)

 

  • certainly: たしかに (客観的、かしこまっている)

 

  • definitely: たしかに (確信度超強い)

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。一見カンタンな単語を適切に使い分け、一段上の英語力を目指しましょう!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本単語基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント