【英語の読みの裏技】マジックe/サイレントeとは?【例外まとめ】

発音

 

今回は、マジックe/サイレントeと呼ばれる英語の発音の法則についてまとめてみたいと思います。

 

下記のように、同じアルファベットなのに違う読み方をするのはなぜ? と不思議に思ったことのある方も多いはずです。

 

  • ant ⇒ント
  • make ⇒メイ

※わかりやすさ重視でカタカナ表記にしています。英語の詳しい発音は、英語耳 発音ができるとリスニングができるを参考にしてみてください。とても分かりやすくまとまった本です。

 

 

今回はそんな不思議に答えてみました。実はこれにはかなりハッキリした法則があるのです。その法則を学び、英語学習を何倍も効率よくしてみましょう!

 

マジックe/サイレントeとは?

マジックe/サイレントeとはズバリ、下記の法則です。

 

ポイント
  • 語尾が子音字+eで終わっている ⇒直前の母音字をアルファベットと同じように読む。最後のeは発音しない

例外:have, are, were, done, here, there, give, love, live, some等

 

 

 

例えば、下記の例で考えてみましょう。

 

下記の単語は、語尾が子音字+e(k+e)という形で終わっています。

  • makeメイ

 

そのため、その直前にある母音がアルファベットの読み方、つまりは「エイ」という読み方になっています。

 

 

アルファベットの読み方というのは、いわゆるABCの歌の読み方です。「a (エイ)、b (ビー)、c (シー)、d (ディー)、e (イー)…」という読み方になっていますね。

 

このとき、最後のeは発音しないのですね。発音しないのに単語の読み方を変えてしまうため、これをマジックe・サイレントeなどと呼ぶのです。

 

 

 

 

一方で、下記の単語は最後が子音字+eになっていません。つまり、「エイ」の音にはなっておらず、「ア」の音になっています。

  • antント

 

 

 

また、最後が子音字+eになっていても、母音が直前に来ていなければ、やはりアルファベットの読み方にはなりません。

 

下記がその例です。子音字+eの直前がpになっているので、アルファベットの読み方にはなっていません。

  • appleップル

 

 

上記の法則を頭に入れて、下記の単語群を見てみてください。アルファベット読みする単語を集めてみました。全て子音字+eで終わっており、その直前に母音があることに気がつくはずです。

 

<a: エイ>

same: セイム

shape: シェイプ

 

<e: イー>

eve: イーヴ

Steve: スティーヴ

 

<i: アイ>

bite: バイト

like: ライク

 

<o: オウ>

bone: ボウン

broke: ブロウク

 

<u: ユー>

cute: キュート

tube: チューブ

 

 

 

一方で、この法則は例外もあるので注意です。特に、以下がその代表です。

have, are, were, done, here, there, give, love, live, some

 

 

基本単語に例外が多いですよね。そのせいもあって、この法則には気がつきにくいのですね。

 

まとめ

いかがでしたか? よくよく考えると「たしかに!」となる法則ですね。

 

ポイント
  • 語尾が子音字+eで終わっている ⇒直前の母音字をアルファベットと同じように読む。最後のeは発音しない

例外:have, are, were, done, here, there, give, love, live, some等

 

 

この法則に慣れるまで、これからは意識的に英文に触れると良いですね。また、知らない単語があっても、とりあえず読める確率も高くなるハズです。

 

それでは! 最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
発音 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【英語の読みの裏技】マジックe/サイレントeとは? […]