【英語の読みの裏技】マジックe/サイレントeとは?【例外まとめ】

発音

 

今回は、マジックe/サイレントeと呼ばれる英語の発音の法則についてまとめてみたいと思います。

 

下記のように、同じアルファベットなのに違う読み方をするのはなぜ? と不思議に思ったことのある方も多いはずです。

 

  • ant ⇒ント
  • make ⇒メイ

※わかりやすさ重視でカタカナ表記にしています。英語の詳しい発音は、英語耳 発音ができるとリスニングができるを参考にしてみてください。とても分かりやすくまとまった本です。

 

 

今回はそんな不思議に答えてみました。実はこれにはかなりハッキリした法則があるのです。その法則を学び、英語学習を何倍も効率よくしてみましょう!

 

マジックe/サイレントeとは?

マジックe/サイレントeとはズバリ、下記の法則です。

 

ポイント
  • 語尾が子音字+eで終わっている ⇒直前の母音字をアルファベットと同じように読む。最後のeは発音しない

例外:have, are, were, done, here, there, give, love, live, some等

 

 

 

例えば、下記の例で考えてみましょう。

 

下記の単語は、語尾が子音字+e(k+e)という形で終わっています。

  • makeメイ

 

そのため、その直前にある母音がアルファベットの読み方、つまりは「エイ」という読み方になっています。

 

 

アルファベットの読み方というのは、いわゆるABCの歌の読み方です。「a (エイ)、b (ビー)、c (シー)、d (ディー)、e (イー)…」という読み方になっていますね。

 

このとき、最後のeは発音しないのですね。発音しないのに単語の読み方を変えてしまうため、これをマジックe・サイレントeなどと呼ぶのです。

 

 

 

 

一方で、下記の単語は最後が子音字+eになっていません。つまり、「エイ」の音にはなっておらず、「ア」の音になっています。

  • antント

 

 

 

また、最後が子音字+eになっていても、母音が直前に来ていなければ、やはりアルファベットの読み方にはなりません。

 

下記がその例です。子音字+eの直前がpになっているので、アルファベットの読み方にはなっていません。

  • appleップル

 

 

上記の法則を頭に入れて、下記の単語群を見てみてください。アルファベット読みする単語を集めてみました。全て子音字+eで終わっており、その直前に母音があることに気がつくはずです。

 

<a: エイ>

same: セイム

shape: シェイプ

 

<e: イー>

eve: イーヴ

Steve: スティーヴ

 

<i: アイ>

bite: バイト

like: ライク

 

<o: オウ>

bone: ボウン

broke: ブロウク

 

<u: ユー>

cute: キュート

tube: チューブ

 

 

 

一方で、この法則は例外もあるので注意です。特に、以下がその代表です。

have, are, were, done, here, there, give, love, live, some

 

 

基本単語に例外が多いですよね。そのせいもあって、この法則には気がつきにくいのですね。

 

まとめ

いかがでしたか? よくよく考えると「たしかに!」となる法則ですね。

 

ポイント
  • 語尾が子音字+eで終わっている ⇒直前の母音字をアルファベットと同じように読む。最後のeは発音しない

例外:have, are, were, done, here, there, give, love, live, some等

 

 

この法則に慣れるまで、これからは意識的に英文に触れると良いですね。また、知らない単語があっても、とりあえず読める確率も高くなるハズです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] 【英語の読みの裏技】マジックe/サイレントeとは? […]