【前置詞に注目!】be driving at, get atの意味とは

基本単語

 

今回はbe driving at, get atという表現について考えてみましょう。

 

前置詞に注目すると、暗記も楽に済みますよ!

 

be driving at, get atの意味まとめ

be driving at, get atの主な意味は下記の通りです。

 

be driving at, get atの意味
  1. be driving at: ~を意図する、~を言おうとする
  2. get at: ①~を意味する、②~を見つける

 

 

atが持つ「~を狙って、めがけて」という意味がポイントです。

 

※前置詞atが持つ様々な意味は、下記の記事に詳しくまとめてあります。

参考:【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

 

 

 

まずはbe driving atから考えてみましょう。

 

  • be driving: 運転している⇒向かっている
  • at: ~めがけて

と分解して考えると、「~を意図する、言おうとする」という意味になるのも納得ですね。

 

自分の気持ちが、発言内容めがけて向かっているイメージです。

 

 

 

一方のget atはどうでしょうか。

 

  • get: 移動する
  • at: ~めがけて

と分解して考えると「①~を意味する、②~を見つける」となるのも納得ですね。

 

 

「①~を意味する」は、be driving atと同じ理解でOKです。

 

「②~を見つける」は、どこかめがけて移動した結果、何かを見つけるイメージですね。

 

 

なるほど!

 

 

それぞれの例文はコチラです。

<be driving at>

She could not understand what he was driving at.

(彼女は、彼が言おうとしていたことを理解できなかった)

 

<get at>

I cannot understand what you are getting at.

(わたしは、君が言おうとしていることを理解できない)

 

I could not get at the branch.

(わたしは、その枝に届かなかった)

 

 

 

熟語は、単語レベル (特に前置詞)まで分解していくと、暗記がだいぶ楽になりますよ!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント