【前置詞に注目!】be driving at, get atの意味とは

英文法

 

今回はbe driving at, get atという表現について考えてみましょう。

 

前置詞に注目すると、暗記も楽に済みますよ!

 

be driving at, get atの意味まとめ

be driving at, get atの主な意味は下記の通りです。

 

be driving at, get atの意味
  1. be driving at: ~を意図する、~を言おうとする
  2. get at: ①~を意味する、②~を見つける

 

 

atが持つ「~を狙って、めがけて」という意味がポイントです。

 

※前置詞atが持つ様々な意味は、下記の記事に詳しくまとめてあります。

参考:【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

 

 

 

まずはbe driving atから考えてみましょう。

 

  • be driving: 運転している⇒向かっている
  • at: ~めがけて

と分解して考えると、「~を意図する、言おうとする」という意味になるのも納得ですね。

 

自分の気持ちが、発言内容めがけて向かっているイメージです。

 

 

 

一方のget atはどうでしょうか。

 

  • get: 移動する
  • at: ~めがけて

と分解して考えると「①~を意味する、②~を見つける」となるのも納得ですね。

 

 

「①~を意味する」は、be driving atと同じ理解でOKです。

 

「②~を見つける」は、どこかめがけて移動した結果、何かを見つけるイメージですね。

 

 

なるほど!

 

 

それぞれの例文はコチラです。

<be driving at>

She could not understand what he was driving at.

(彼女は、彼が言おうとしていたことを理解できなかった)

 

<get at>

I cannot understand what you are getting at.

(わたしは、君が言おうとしていることを理解できない)

 

I could not get at the branch.

(わたしは、その枝に届かなかった)

 

 

 

熟語は、単語レベル (特に前置詞)まで分解していくと、暗記がだいぶ楽になりますよ!


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント