【例文付きで紹介】more or less「多かれ少なかれ」

比較

 

今回はmore or lessを例文付きで紹介します。

 

直感的に理解しやすい表現ですが、改めて確認できると良いですね!

 

more or less「多かれ少なかれ」

more or lessは「多かれ少なかれ、大体」という意味で、文の中では形容詞や副詞として機能します。

 

※辞書を見ると「名詞を修飾する」との記載があったので「形容詞として機能する」と上に書きましたが、実際は副詞として機能することが圧倒的に多いように思います。

 

We are all more or less affected by the people around us.

(私たちは多かれ少なかれ周囲の人々に影響を受けている)

 

This problem is more or less solved.

(この問題は大体解決している)

 

 

なお、more or lessを他の表現で言いかえると、

nearly, approximately, aboutなどが当てはまりますね!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
比較 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ・more or less「多かれ少なかれ」 […]