【例文付きで紹介】more or less「多かれ少なかれ」

比較

 

今回はmore or lessを例文付きで紹介します。

 

直感的に理解しやすい表現ですが、改めて確認できると良いですね!

 

more or less「多かれ少なかれ」

more or lessは「多かれ少なかれ、大体」という意味で、文の中では形容詞や副詞として機能します。

 

※辞書を見ると「名詞を修飾する」との記載があったので「形容詞として機能する」と上に書きましたが、実際は副詞として機能することが圧倒的に多いように思います。

 

We are all more or less affected by the people around us.

(私たちは多かれ少なかれ周囲の人々に影響を受けている)

 

This problem is more or less solved.

(この問題は大体解決している)

 

 

なお、more or lessを他の表現で言いかえると、

nearly, approximately, aboutなどが当てはまりますね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ・more or less「多かれ少なかれ」 […]