【知覚動詞と使役動詞とは】原形不定詞、現在分詞、過去分詞の使い分けまとめ

準動詞

 

講師のNです。今回は知覚動詞と使役動詞についてまとめます。

 

なんだっけ??

 

この記事を読んでわかること
  • 知覚動詞と使役動詞の使い方
  • 知覚動詞と使役動詞に使われる原形不定詞、現在分詞、過去分詞の違い

 

 

この記事は、そんな疑問にお答えします。シンプルに説明するのでご安心を!

 

知覚動詞、使役動詞とは?

ひとことで言うと、特殊な形をとる動詞のことです。「知覚動詞 O V」「使役動詞 O V」という形をとり、ちょっと特殊な訳し方をするんですね。

 

知らないと訳せませんが、知っていればサクサク訳せます。英語の幅が広がる大切な表現です。

 

それぞれ訳し方のパターンが決まっているので、順番に見ていきましょう。

 

知覚動詞まとめ

まずは知覚動詞から。知覚動詞とは、その名前の通り五感(見る、聞くなど)に関係する動詞のことです。

 

これが「知覚動詞 O V」という形をとり、特殊な訳になるんです。また、場合によっては少し形を変えることもあります。

 

知覚動詞 O V

まずは基本となる「知覚動詞 O V」の形から。例文はこちら。

 

I heard him sing a song. (わたしは、彼が歌を歌うのを聞いた)

 

今回は「知覚動詞」にhearを使用しています。「聞く」という意味の動詞ですね。

 

知覚動詞は、「知覚動詞 O V」で「OがVするのを知覚する」と訳します。今回は「聞く」という知覚動詞を使用しているので、「OがVするのを聞く」と訳します。

 

例文に当てはめれば、himがO、singがVなので、「彼が歌を歌うのを」「聞く」ですね。

 

「知覚動詞」の部分にseeが使われていれば下記の通り。同じ要領で、「see O V: OがVするのを見る」と訳します。

 

I saw him walk. (わたしは、彼が歩くのを見た)

 

まとめるとこんな感じです。

 

知覚動詞の訳し方と、知覚動詞一覧
  • 「知覚動詞 O V」で「OがVするのを知覚する」と訳す

 

  • 「知覚動詞」部分に入る動詞は次の通り
  1. 「見る」系:watch, see, perceive, look at
  2. 「聞く」系:hear, listen to
  3. 「気づく」系:notice, observe
  4. 「触覚で感じる」系:feel

※「smell: 匂いを嗅ぐ」は「smell O Vingの形」しかとらない。「taste: 味わう」は「知覚動詞OC」の形をそもそもとらない。

 

 

知覚動詞 O Ving(現在分詞)

次は「知覚動詞 O Ving」の形です。

 

I heard him singing a song. (わたしは、彼が歌を歌っているのを聞いた)

 

基本は同じですね。ただ、Vの部分がVingと進行形のような形(正式には現在分詞といいます)になっているので、「Vしている」と進行形のような訳を与えます。動作が継続途中であることを明示するのですね。

 

知覚動詞 O Vp.p.(過去分詞)

次は「知覚動詞 O Vp.p.」の形です。

 

I saw the car broken by him. (わたしは、その車が彼によって壊されるのを見た)

 

これも基本は同じです。Vの部分がVp.p.と受動態のような形(正式には過去分詞といいます)になっているので、「Vされている」と受動態のような訳を与えます。

 

知覚動詞の受動態

ほんの少し応用編。まずは次の例文を見てください。一番最初にやった「知覚動詞 O V」の形です。

 

I heard him sing a song. (わたしは、彼が歌を歌うのを聞いた)

 

この例文では「彼が歌うのを聞いた」という訳になっています。「彼は歌うのを聞かれた」というように、知覚動詞の部分を受動態にする場合、次のようになります。

 

He was heard to sing a song by me. (わたしによって、彼は歌を歌うのを聞かれた)

 

ポイントは次の点です。

 

知覚動詞受動態の作り方
  1. 「知覚動詞 O V」の「O」の部分を主語に出す
  2. 「S is 知覚動詞Vp.p. to V」のように、Vの前にtoを付ける

 

toを忘れがちなので、注意してください。

 

使役動詞まとめ

使役動詞とは、その名の通り「誰かに何かをさせる(使役する)」ときに使う動詞です。

 

知覚動詞と同じく「使役動詞 O V (or Ving or Vp.p.)」という形をとります。

 

一覧はコチラ。

 

使役動詞一覧
  • make O V: OにVさせる(強い使役)
  • have O V: OにVさせる(中間的な意味。やや使役。≒get O to V)
  • let O V: OにVさせてやる(許可)

基本的な訳は「OにVさせる」ですが、単語ごとに強制力の強さが違います。強制力の強さ順に並べると、「make>have≒get>let」です。

 

単語ごとに見ていきましょう。

 

make O V

一番強制力の強いmakeから見てみましょう。make O Vで「OにVさせる」と訳します。

 

The teacher made me study English. (先生は私に英語を勉強させた)

 

「先生が私に勉強をさせた」というように、強制力の強さを表現することができます。

 

また、「make O V」のVの部分をVp.p. (過去分詞)にすれば、「OがVされるようにする」という意味になります。

 

I made myself understood in English. (わたしは、英語で話を通じさせた)

 

understoodとなっているのがポイントです。make oneself understoodで「話を通じさせる(≒自身が理解されるようにする)」という意味になります。

 

 

また、使役動詞の中でmakeのみ受動態があります(makeそのものを受動態にするパターン)。知覚動詞の受動態と作り方は同じです。toを忘れないでください。

 

I was made to study English by the teacher. (先生によって、わたしは英語を勉強させられた)

 

have O V (≒get O to V)

have O Vは一番ニュートラルな意味を持っています。get O to Vとほぼ同じ意味を持つと言われていますが、両者の違いを挙げるとすれば下記の通り。

 

have: やって当然のことをしてもらう。軽い使役

get: やってもらうために努力や依頼をする

 

例文でも見ておきましょう。

 

I had my son clean the room. (わたしは、息子に部屋の掃除をさせた)

I tried to get her to join the party. (わたしは、彼女にパーティーへ参加してもらうよう試みた)

 

ただ、haveとgetの違いをそこまで細かく問われることはありません。それよりも、「get O to V」のtoを忘れてないようにしてください。

 

また、「have O V」のVの部分をVp.p. (過去分詞)にすれば、「OがVされる」という意味になります。

 

He had his license suspended. (彼は、免許が停止されてしまった)

 

let O V

let O Vは「OにVさせてやる」というように、「許可」の意味を持ちます。

 

I let my son play soccer. (わたしは、息子にサッカーをやらせてあげた)

 

ちなみに余談ですが、アナ雪の”let it go (ありのままで)”は、まさに「let O V」ですね。itは「漠然とした自分の周囲の状況」を指しています。

 

直訳すると、「itがgo(行く)のを許す」

 

つまり、「どうにでもなっちまえ、放っておけ」と開き直っている歌ですね。確か映画でも、ゴチャゴチャウジウジした状況が嫌になり、主人公が開き直ったシーンで歌が使われていたと思います。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

定型表現も多く、一度覚えれば確実に得点源となる分野です。また、海外で英会話をしていても使う機会が非常に多いです。

 

これを機会にぜひマスターしてくださいね。

 


コメント