【決定版】不定詞の進行形to be Vingの意味・用法まとめ

準動詞

 

今回は不定詞の進行形 to be Vingの意味・用法をまとめてみたいと思います。

 

あまりたくさん見る形ではないですが、たまに思い出したように出てきます。

 

これを機会に確認できると良いですね!

 

不定詞の進行形 to be Vingの意味・用法

不定詞の進行形 to be Vingの意味・用法のまとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • to be Ving: Vしている
  • to have been Ving: Vしていた
  • to be being Vp.p.: Vされている

 

「今まさに何かをしている」という意味を不定詞で出す際、to be Vingが使われるのですね。

 

例文はコチラです。

She seems to be listening to me.

(彼女はわたしの言うことに耳を傾けているようだ)

 

She seemed to have been listening to me.

(彼女はわたしの言うことに耳を傾けていたようだった)

 

History seems to be being rewritten.

(歴史は書き換えられているようだ)

 

 

 

今回の記事は短めです。何度か音読をして、サクッと身につけてくださいね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント