【決定版】不定詞の進行形to be Vingの意味・用法まとめ

準動詞

 

今回は不定詞の進行形 to be Vingの意味・用法をまとめてみたいと思います。

 

あまりたくさん見る形ではないですが、たまに思い出したように出てきます。

 

これを機会に確認できると良いですね!

 

不定詞の進行形 to be Vingの意味・用法

不定詞の進行形 to be Vingの意味・用法のまとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • to be Ving: Vしている
  • to have been Ving: Vしていた
  • to be being Vp.p.: Vされている

 

「今まさに何かをしている」という意味を不定詞で出す際、to be Vingが使われるのですね。

 

例文はコチラです。

She seems to be listening to me.

(彼女はわたしの言うことに耳を傾けているようだ)

 

She seemed to have been listening to me.

(彼女はわたしの言うことに耳を傾けていたようだった)

 

History seems to be being rewritten.

(歴史は書き換えられているようだ)

 

 

 

今回の記事は短めです。何度か音読をして、サクッと身につけてくださいね。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント