【決定版】「言うまでもなく」系の英語表現まとめ【not to mention/needless to say他】

基本単語

 

今回は「言うまでもなく」という意味に近い表現をまとめてみました。

 

英会話で必須の表現ですね!

 

いくつかバリエーションがあるので、一緒に確認していきましょう!

 

「言うまでもなく」の表現まとめ

「言うまでもなく」の表現まとめは下記の通りです。

 

ポイント

<言うまでもなく>

・needless to say, SV-: 言うまでもなく、SV-だ

・not to mention O: Oについては言うまでもなく

・to say nothing of O: Oについては言うまでもなく

・not to speak of O: Oについては言うまでもなく

・let alone~: ~は言うまでもなく(比較箇所と同様の表現を伴いつつ/通例否定文のあとで)

・It goes without saying that SV-: SV-ということは言うまでもない

 

<その他>

・to say the least (of it): 控えめに言っても

・not to say O: ①Oとは言わないまでも、②あるいはひょっとすると

 

例文

それぞれの例文を見ていきましょう。

 

She is a great poet, not to mention a great novelist.

She is a great poet, to say nothing of a great novelist.

She is a great poet, not to speak of a great novelist.

(彼女は偉大な詩人だ、偉大な小説家というのは言うまでもなく)

 

He doesn’t have a cent, let alone a dollar.

(彼は1セントも持っていない、1ドルも持っていないことは言うまでもなく)

 

He never listens to me, let alone takes my advice.

(彼は決して私の話を聞かない、私の助言を聞かないのは言うまでもなく)

 

It goes without saying that he is the greatest politician ever.

(彼女がこれまでで最も偉大な政治家ということは言うまでもない)

 

 

その他の例文です。

He is rude, to say the least (of it).

(控えめに言っても、彼は無礼だ)

 

He is not a wise man, not to say a fool.

(彼は賢くない、愚かとは言わないまでも)

 

It is very difficult to finish the work, not to say impossible.

(その仕事を終わらせるのはとても難しい、あるいはひょっとすると不可能かもしれない)

 

 

これを機会に知識の整理に役立てたのであれば嬉しいです。何度か音読してみると頭に残りやすくなりますよ。

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント