【徹底解剖】代名詞itとthat (this)の使い分け・違いとは?

名詞

 

代名詞itとthat (this)の使い分け・意味の違いについてまとめてみたいと思います。

 

どちらも前の文や節、句の内容を指して「それ」と訳すことが出来るのですが、実は結構大きな違いが存在します。

 

一体どういった違いが生まれるのか? 例文付きでサクッとチェックしてみましょう!

 

itとthat (this)の使い分け・意味の違い

itとthat (this)の使い分け・意味の違いは下記の通りです。

 

 

itとthat (this)の使い分け・意味の違い
  • it: 一般論を指す
  • that (this): 具体例を指す

※ thatは「遠いもの」、thisは「近いもの」を指す

 

 

同じ「それ」でも、

itの方が一般論的な意味合いを持ちやすく、

that (this)の方が具体例的な意味合いを持ちやすいという違いがあります。

 

 

一体どういうことなのか、例文付きで見ていきましょう。

 

例文

例文を見ていきましょう。

 

it

例えば、下記の例文を見てください。

 

Early to bed and early to rise is good for your health. It keeps you in good condition.

(早寝早起きはあなたの健康に良い。それは、あなたを良い健康状態に維持する)

 

※ early to bed and early to riseは「早寝早起き」

 

 

ここでitは「早寝早起き」を指しています。そして、「それ(=早寝早起き)は健康状態維持に役立つ」とつながっています。

 

「それ(=早寝早起き)が身体に良い」というのは、ある個別事例というよりは、一般論に近いですよね。基本的には、全人類、誰にでも当てはまる事柄のハズです。

 

そのため、ここではitを使っているのですね。

 

that

一方、下記の例文を見てください。

 

“I want to discuss the matter with Tom. What do you think?”

“That’s a good idea!”

「その問題についてトムと話したいと思う。あなたはどう思う?」

それは良いアイデアだね!」

 

 

ここでthatは「トムとその問題について議論すること」を指しています。そして、「それ(=トムとその問題について議論すること)は良いアイデアだ」とつながっています。

 

「それ(=トムとその問題について議論すること)が良いアイデアだ」というのは、ある個別事例ですよね。

 

 

場合によっては、「トムと話さない方が良い」こともあるでしょうし、そもそも「トムって誰?」という感じです。一般的な法則というイメージからは遠いです。

 

そのため、ここではthatを使っているのですね。

 

おわりに

いかがでしたか? 感覚的にはわかっている方も多いでしょうが、意外と盲点だと思います。

 

最後にit/thatを使った例文を一つずつ紹介するので、「一般論か具体例か」に着目し、使い分けをチェックしておいてくださいね。

 

Don’t speak while you are eating. It is bad manners.

(食べている最中、話すな。それは行儀が悪いです)

 

Mary studied so hard, and that led her to success.

(メアリはとても一生懸命勉強した。そして、そのことは彼女を成功に導いた)

※ lead 人 to~で「人を~に導く」

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
名詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント