【徹底解剖】代名詞itとthat (this)の使い分け・違いとは?

名詞

 

代名詞itとthat (this)の使い分け・意味の違いについてまとめてみたいと思います。

 

どちらも前の文や節、句の内容を指して「それ」と訳すことが出来るのですが、実は結構大きな違いが存在します。

 

一体どういった違いが生まれるのか? 例文付きでサクッとチェックしてみましょう!

 

itとthat (this)の使い分け・意味の違い

itとthat (this)の使い分け・意味の違いは下記の通りです。

 

 

itとthat (this)の使い分け・意味の違い
  • it: 一般論を指す
  • that (this): 具体例を指す

※ thatは「遠いもの」、thisは「近いもの」を指す

 

 

同じ「それ」でも、

itの方が一般論的な意味合いを持ちやすく、

that (this)の方が具体例的な意味合いを持ちやすいという違いがあります。

 

 

一体どういうことなのか、例文付きで見ていきましょう。

 

例文

例文を見ていきましょう。

 

it

例えば、下記の例文を見てください。

 

Early to bed and early to rise is good for your health. It keeps you in good condition.

(早寝早起きはあなたの健康に良い。それは、あなたを良い健康状態に維持する)

 

※ early to bed and early to riseは「早寝早起き」

 

 

ここでitは「早寝早起き」を指しています。そして、「それ(=早寝早起き)は健康状態維持に役立つ」とつながっています。

 

「それ(=早寝早起き)が身体に良い」というのは、ある個別事例というよりは、一般論に近いですよね。基本的には、全人類、誰にでも当てはまる事柄のハズです。

 

そのため、ここではitを使っているのですね。

 

that

一方、下記の例文を見てください。

 

“I want to discuss the matter with Tom. What do you think?”

“That’s a good idea!”

「その問題についてトムと話したいと思う。あなたはどう思う?」

それは良いアイデアだね!」

 

 

ここでthatは「トムとその問題について議論すること」を指しています。そして、「それ(=トムとその問題について議論すること)は良いアイデアだ」とつながっています。

 

「それ(=トムとその問題について議論すること)が良いアイデアだ」というのは、ある個別事例ですよね。

 

 

場合によっては、「トムと話さない方が良い」こともあるでしょうし、そもそも「トムって誰?」という感じです。一般的な法則というイメージからは遠いです。

 

そのため、ここではthatを使っているのですね。

 

おわりに

いかがでしたか? 感覚的にはわかっている方も多いでしょうが、意外と盲点だと思います。

 

最後にit/thatを使った例文を一つずつ紹介するので、「一般論か具体例か」に着目し、使い分けをチェックしておいてくださいね。

 

Don’t speak while you are eating. It is bad manners.

(食べている最中、話すな。それは行儀が悪いです)

 

Mary studied so hard, and that led her to success.

(メアリはとても一生懸命勉強した。そして、そのことは彼女を成功に導いた)

※ lead 人 to~で「人を~に導く」

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
名詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント