【イメージ理解】about/around/almost/nearly/approximately/roughlyの意味の違い

基本単語

 

今回は「大体/約/ほぼ」を表す単語の意味の違いをまとめてみました。

 

似て非なる表現なので、ここを押さえておけば一段上のレベルを目指せます。

 

イメージ付きでサクッと確認していきましょう!

 

「大体/約/ほぼ」を表す単語の意味の違い

「大体/約/ほぼ」を表す単語の意味の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント

<周囲のイメージ>

  • about 100: 約100 (=100前後)
  • approximately 100: 約100 (=100前後, aboutよりカタめの単語、aboutより正確な範囲を示すこともアリ)
  • roughly 100: 約100 (=100前後, roughlyと同じだが、くだけた感じの単語)
  • around 100: 約100 (=100前後, aboutよりもざっくり)

 

<ギリギリ到達しないイメージ>

  • almost 100: 100近く (=100に届かないくらい, nearlyより近い)
  • nearly 100: 100近く (=100に届かないくらい, almostよりざっくり)

 

 

これらの単語を覚える際は、ざっくり二つのグループに分けると良いです。

 

 

 

一つは「周囲のイメージ」の語群です。

 

たとえばaboutなどがその代表例で、about 100と表現するとき、

それは99や101などのように、100の周囲を意味することになります。

 

 

 

一方は「ギリギリ到達しないイメージ」の語群です。

 

たとえばalmost 100と表現するとき、

それは98や99のように、100にギリギリ届かない範囲の数字を意味することになります。

 

 

 

 

それぞれの単語の正確さや示す範囲を、イメージ図で示すと下記の通りです。

 

 

aboutやaroundなどの「周囲のイメージ」の単語群です。(図をタッチすると拡大します)

 

 

almostやnearlyなどの「ギリギリ到達しないイメージ」の単語群です。(図をタッチすると拡大します)

 

 

 

言葉ではなかなか覚えにくいと思うので、イメージ図で覚えるのが一番手っ取り早いですね!

 

 

なお、今回のように単語ごとの細かい違いを調べる際はジーニアス英和辞典 第5版が最も重宝します。他の辞書と比べてダントツでおススメです。

 

 

一冊手元にあれば、今後の英語学習の効率を何十倍にも高めることと思いますので、

お持ちでない方はぜひ入手してみてください。感動のあまり目からウロコが数枚剥がれ落ちることでしょう。

 

なお、その他辞書のレビューも気になる、という方は下記の記事もあわせてご参照ください。プロ講師のわたしが、おススメ辞書をピックアップしてみました。

【レベル別】英語オススメ辞書13選!

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源形容詞・副詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ※aboutの意味は【イメージ理解】about/around/almost/nearly/approximately/roughlyの意味の違いを参照 […]