半沢直樹|『倍返しだ/十倍返しだ/千倍返しだ/恩返しだ』を英語で言うと?

サクッと英会話
○○返しだ

 

どうも、半沢N樹です。

 

みなさん半沢直樹は楽しんでいますか? 二倍、十倍、恩返しときて、いよいよ千倍…

 

今回は、「倍返しだ」「十倍返しだ」「千倍返しだ」「恩返しだ」をそれぞれ英語で表現してみたいと思います。

 

英語で言えるようにしておくと、いつか役立つかもしれませんね!(んなわけない)

 

「倍返しだ/十倍返しだ/恩返しだ/千倍返しだ」を英語で言うと

「倍返しだ/十倍返しだ/恩返しだ/千倍返しだ」をそれぞれ順々に見ていきたいと思います。

 

「倍返しだ」

まずは「倍返しだ」から見ていきましょう。

 

「倍返しだ」の英語表現例
  1. I’ll pay you back double!
  2. Take double the payback!
  3. I’ll get you back, twice as much!

 

 

 

1のI’ll pay you back double!から解説を加えていきます。

 

pay 人 backで「人にやり返す」という意味になります。payには「支払う/報いる」という意味があるのですね。

 

さらに、doubleが「二倍に」という副詞の意味で使用されています。payという表現を修飾しているのです。

 

 

 

2のTake double the payback!については、takeが「取りやがれ/受け取りやがれ」という意味で使用されています。doubleは「二倍に」という意味の副詞ですね。

 

その後ろでthe payback「仕返し」という名詞が使用されています。「何に対する仕返しか?」は文脈上一つに決まってくるはずなので、theがついている点にも注目しましょう。

 

 

 

3のI’ll get you back, twice as much!は、get 人 backが「人に対して仕返しをする」という意味で使用されています。

 

twice as muchは、「倍数 as~as… :…の〇倍~で」という倍数表現です。as…の部分が省略されているのですね。

 

一応、典型的な倍数表現の例文をいくつか紹介しておきます。

This house is twice as large as that one.

(この家は、あの家の二倍大きい)

 

This house is three times as large as that one.

(この家は、あの家の三倍大きい)

 

※二倍はtwivce (two times)、三倍以上は〇〇 timesで表現します

 

「十倍返しだ」「千倍返しだ」

「十倍返しだ」「千倍返しだ」はセットで学びましょう。基本 (?)がわかっていると、これはその応用で表現できます。

 

「十倍返しだ」「千倍返しだ」の英語表現例

<十倍返しだ>

  1. I’ll pay you back tenfold!
  2. Take tenfold the payback!
  3. I’ll get you back, ten times as much!

 

<千倍返しだ>

  1. I’ll pay you back thousand-fold!
  2. Take thousand-fold the payback!
  3. I’ll get you back, thousand times as much!

※ thousandfoldのように、ハイフンなしの表記も一応出来ます

 

 

各例文の上の二つに関しては、doubleの部分が、

  • tenfold: 十倍
  • thousand-fold (thousandfold): 千倍

に変わっただけです。

 

 

foldには「折る」という意味があります。

 

折りたたんだモノが十個あれば十倍、千個あれば千倍という発想です。

 

一万倍ならten-thousandfold、百万倍ならmillionfold…といった具合に、いくらでも数を大きくしていけます。

 

 

一方の各例文の下の一つについても、〇〇timesの部分にtenやthousandが入っただけです。やはり何倍にでも数字を増やしていくことが出来ます。

 

 

これで半沢直樹も安心?ですね!

 

「恩返しだ」

最後に「恩返しだ」を確認してみましょう。

 

「〇〇返し」と出来るだけ似た単語を使用することを念頭に置くと、下記の表現が好ましいと思います。

 

「恩返しだ」の英語表現例
  1. I’ll repay you!

 

 

repayに「~に恩返しをする」という意味があるので、先ほど使用したpayと出来るだけ音を揃える意味でも、これが一番シンプルで良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に各表現をまとめておきます。

 

 

まとめ
<倍返しだ>
  1. I’ll pay you back double!
  2. Take double the payback!
  3. I’ll get you back, twice as much!

 

<十倍返しだ>

  1. I’ll pay you back tenfold!
  2. Take tenfold the payback!
  3. I’ll get you back, ten times as much!

 

<千倍返しだ>

  1. I’ll pay you back thousand-fold!
  2. Take thousand-fold the payback!
  3. I’ll get you back, thousand times as much!

 

<恩返しだ>

  1. I’ll repay you!

 

 

何度か音読をして、いざというとき(あるのか?)に瞬時に出てくるようにしておきたいですね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント