【超盲点!】so~as to Vと~enough to Vの違いとは

形容詞・副詞

 

今回はso~as to Vと~enough to Vの違いをまとめてみました。

 

どちらも「so~ that SV-: とても~なのでSV-する」と書き換え可能で、

  • so~as to V:とても~なのでVする
  • ~enough to V:Vするのに十分~

という意味を持ちます。

 

 

では、so~as to Vと~enough to Vの違いはいったい何なのか? 今回の記事でわかりやすくまとめてみました。

 

so~as to Vと~enough to Vの違い

so~as to Vと~enough to Vの違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • so~as to V:とても~なのでVする(マイナスの文脈で使用されやすい
  • ~enough to V:Vするのに十分~(プラスの文脈で使用されやすい。マイナスの文脈だと不自然

⇒どちらも「so~ that SV-: とても~なのでSV-する」と書き換え可能

 

 

最大の違いは、

so~as to Vがマイナスの文脈で使用されやすいのに対し、

~enough to Vがプラスの文脈で使用されやすいという点です。

 

 

so~as to Vの例文です。

 

上の例文はマイナスの文脈、下の例文はプラスの文脈で使用されています。下の例文も不自然ではありませんが、頻度としてはやや落ちます。

〇:I got up so late as to miss the train.

(わたしはとても遅く起きたので、電車を逃してしまった)

 

〇:He was so nice as to lend me some money.

(彼はわたしにいくらかお金を貸してくれるほど親切だった)

 

 

 

一方、~enough to Vの例文です。

 

プラスの文脈で使用されている点に注目です。この表現はマイナスの文脈とは相性が悪いので、マイナスの文脈で使用された場合、表現として不自然になることに注意しましょう。

〇:He was kind enough to tell me the way to the station.

(彼は親切にも駅への道を教えてくれた =彼は駅への道を教えてくれるのに十分親切だった)

 

×:He got up late enough to miss the train.

(彼は電車を逃すのに十分なほど遅く起きた (?) )

 

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
形容詞・副詞準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント