【超盲点!】so~as to Vと~enough to Vの違いとは

形容詞・副詞

 

今回はso~as to Vと~enough to Vの違いをまとめてみました。

 

どちらも「so~ that SV-: とても~なのでSV-する」と書き換え可能で、

  • so~as to V:とても~なのでVする
  • ~enough to V:Vするのに十分~

という意味を持ちます。

 

 

では、so~as to Vと~enough to Vの違いはいったい何なのか? 今回の記事でわかりやすくまとめてみました。

 

so~as to Vと~enough to Vの違い

so~as to Vと~enough to Vの違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • so~as to V:とても~なのでVする(マイナスの文脈で使用されやすい
  • ~enough to V:Vするのに十分~(プラスの文脈で使用されやすい。マイナスの文脈だと不自然

⇒どちらも「so~ that SV-: とても~なのでSV-する」と書き換え可能

 

 

最大の違いは、

so~as to Vがマイナスの文脈で使用されやすいのに対し、

~enough to Vがプラスの文脈で使用されやすいという点です。

 

 

so~as to Vの例文です。

 

上の例文はマイナスの文脈、下の例文はプラスの文脈で使用されています。下の例文も不自然ではありませんが、頻度としてはやや落ちます。

〇:I got up so late as to miss the train.

(わたしはとても遅く起きたので、電車を逃してしまった)

 

〇:He was so nice as to lend me some money.

(彼はわたしにいくらかお金を貸してくれるほど親切だった)

 

 

 

一方、~enough to Vの例文です。

 

プラスの文脈で使用されている点に注目です。この表現はマイナスの文脈とは相性が悪いので、マイナスの文脈で使用された場合、表現として不自然になることに注意しましょう。

〇:He was kind enough to tell me the way to the station.

(彼は親切にも駅への道を教えてくれた =彼は駅への道を教えてくれるのに十分親切だった)

 

×:He got up late enough to miss the train.

(彼は電車を逃すのに十分なほど遅く起きた (?) )

 

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント