【決定版】動名詞と現在分詞Ving「形容詞」としての意味の違いとは

形容詞・副詞

 

今回は動名詞と現在分詞Vingが、形容詞として使われる場合の意味の違いをまとめてみたいと思います。

 

どちらも名詞の前に置かれると形容詞として機能することがあるのですが、

それぞれ持つ意味が大きく変わってくるのですね。

 

今回はそんな意味の違いをサクッとまとめてみました。

 

動名詞と現在分詞Ving「形容詞」としての意味の違いとは

動名詞と現在分詞Ving「形容詞」としての意味の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • 動名詞Ving: 修飾する名詞の目的や用途
  • 現在分詞Ving: 修飾する名詞の動作や状態

 

 

動名詞Vingは修飾する名詞の「目的や用途」を意味します。

「Vするための」という意味を裏側に含むことが多いのですね。

 

 

一方、現在分詞Vingは修飾する名詞の「動作や状態」を意味します。

「Vしている」という意味で考えれば大丈夫です。

 

 

それぞれの例はコチラです。

a sleeping bag

(寝袋 = 寝るための袋)

 

a sleeping cat

(寝ている猫)

 

 

動名詞Vingが「Vするための」という意味になるのは意外と見落としがちかもしれません。これを機会にチェック出来たら良いですね。

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
形容詞・副詞準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント