【決定版】動名詞と現在分詞Ving「形容詞」としての意味の違いとは

形容詞・副詞

 

今回は動名詞と現在分詞Vingが、形容詞として使われる場合の意味の違いをまとめてみたいと思います。

 

どちらも名詞の前に置かれると形容詞として機能することがあるのですが、

それぞれ持つ意味が大きく変わってくるのですね。

 

今回はそんな意味の違いをサクッとまとめてみました。

 

動名詞と現在分詞Ving「形容詞」としての意味の違いとは

動名詞と現在分詞Ving「形容詞」としての意味の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • 動名詞Ving: 修飾する名詞の目的や用途
  • 現在分詞Ving: 修飾する名詞の動作や状態

 

 

動名詞Vingは修飾する名詞の「目的や用途」を意味します。

「Vするための」という意味を裏側に含むことが多いのですね。

 

 

一方、現在分詞Vingは修飾する名詞の「動作や状態」を意味します。

「Vしている」という意味で考えれば大丈夫です。

 

 

それぞれの例はコチラです。

a sleeping bag

(寝袋 = 寝るための袋)

 

a sleeping cat

(寝ている猫)

 

 

動名詞Vingが「Vするための」という意味になるのは意外と見落としがちかもしれません。これを機会にチェック出来たら良いですね。

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント