【出身だ⁈】come fromとcame fromの違い

 

今回は「come fromとcame from」という表現の違いについてまとめました。

 

実はこの二つ、似て非なる表現なのですね。「私は~出身だ」という表現で使えるのはどちらなのでしょうか?

 

全然わからん…

 

サクッとみてみましょう!

 

come fromとcame fromの違い

come fromとcame fromなどの違いは下記の通りです。現在形/過去形の違いがポイントです。

 

ポイント

<現在形:過去+現在+未来

  • come from/be from~: ~出身だ

 

<過去形:過去

  • came from~: ~からやって来た

 

現在形の意味

まずは現在形を使ったパターンから考えてみましょう。「~出身だ」という意味になります。

He comes from Osaka.

He is from Osaka.

(彼は大阪出身だ)

 

 

「現在形」という名前に騙されてしまいがちなのですが、現在形は「過去+現在+未来」の意味を表します。

 

どういうこと?

 

たとえば、”I am a student. (わたしは生徒だ)”という表現を考えてみましょう。

 

この発言をした瞬間(現在)に「生徒である」のはもちろんですが、

この発言の前の日(過去)に「生徒であった」はずですし、

この発言の次の日(未来)に「生徒であるであろう」ことは常識的に考えて理解できると思います。

 

 

このように、現在形というのは「現在を中心に過去/未来へ広がりを持った表現」なのですね。

 

そのため、先ほどの”He is from Osaka. / He comes from Osaka. (彼は大阪出身だ)”も、現在形が使用されています。

 

なぜなら、「彼は大阪出身だ」という事実は「現在」だけでなく、「過去」「未来」においても変わることがないからです。

 

過去形の意味

一方の過去形は、「過去の出来事や状態」を意味します。こちらは名前の通りという理解で大丈夫だと思います。

 

He came from Osaka.

(彼は大阪から来た)

 

 

たとえば上記の会話が東京でなされているとしましょう。その場合、“came from Osaka”はそれよりも過去の出来事と解釈されます。

 

つまり、「大阪から来た = 東京に来る前は大阪にいた」という意味になります。

 

おわりに

いかがでしたか? 「現在形」という名称の意外な落とし穴に関するお話でした。

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント