come to V, get to V, learn to V 意味の違いとは

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はcome to Vとget to V、learn to Vの違いをまとめてみました。

 

 

また、

become to Vという表現がないのはどうして?

なんて質問も生徒からよく受けるので、

それについても併せてお答えしたいと思います。

 

意味まとめ

まずはそれぞれの意味をまとめてご紹介したいと思います。

 

 

表現まとめ

come to V:(自然と)~するようになる

get to V:(自発的に)~するようになる

learn to V:(学んで)~するようになる

* become to VはNG!

 

 

 

よくわからないね!

 

 

順番に説明していきます。かっこ内の意味の違いに注目しつつ読んでみてください。

 

それぞれの意味

さて、それぞれの意味を見ていきましょう。

 

例文付きで紹介します。

 

come to V / get to V

come to Vとget to Vはセットで紹介します。

 

come to Vで「(自然と)~するようになる」、

get to Vで「(自発的に)~するようになる」という意味になります。

 

例文はコチラ。

He came to love her. (彼は(自然と)彼女を愛するようになった)

He got to know her. (彼は(自発的に)彼女と知り合いになった)

 

 

「自然と」、「自発的に」という違いに着目です。

 

どうしてこんな違いが出るの?

 

 

 

その秘密は、使われている動詞・comeとgetの違いにあります。

 

 

comeは「来る」という意味からも分かる通り、

「なにかが来るのを受動的に待つ」イメージですね。

 

自分から何か取りに行く感じではないんです。

あくまで「待ち」の姿勢。

だから「自然と」というニュアンスが出るんです。

 

 

一方のgetは、「取る、得る」という意味からも分かる通り、

「何かを積極的に取りに行く」イメージですね。

 

自分から取りに行くんです。

だから「自発的に」というニュアンスが出るんです。

 

 

今回の例文で言えば、

 

come to love(愛するようになる)で、

comeを使っているのは、「自然と愛するようになる」というのが一般的だからです。

(そうじゃないこともあるかもしれませんが…)

 

get to know(知り合いになる)で、

getを使っているのは、誰かと知り合いになるときは、

ある程度「積極的に知り合いになりに行く」というのが一般的だからです。

 

 

なお、get to V、come to Vの後ろには、

思考や感情、存在(いる・ある)に関する動詞がきやすいことも併せて押さえておきましょう。

 

learn to V

learn to Vで「(学んで)~するようになる」という意味になります。

 

例文はコチラ。

He learned to drive a car.

(彼は(学んで)車の運転をするようになった)

 

 

なぜ「学んで」というニュアンスを持つかというと、

learnは「学ぶ」という意味を持つからですね。

 

そのため「(学んで)~するようになる」だとか、

「~することを学ぶ」といった意味になるのです。

 

become to Vがない理由

最後に、become to Vがない理由です。

 

 

察しの良い方はお気づきかもしれません。

becomeという動詞を見てください。

 

 

become

 

 

どうですか?

becomeには既に、beが含まれているんですね。

becomeは、come to beと同じ意味を持つんです。

 

 

既に「~になる」というto beを含んでいるので、

become to Vの形にはなれないんです。

 

仮にbecome to Vの形を許してしまうと、

toがいくつも含まれてしまうことになりますね。

(come to be to V、とかでしょうか?笑)

 

 

そのため、become to Vの形はNGなのです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

熟語表現を覚えるときは、単語レベルまで分解して考えるのがベストですね。

単語レベルで考えることで、意味の違いが明確にわかるのです。

 

 

というわけで、もし熟語を覚える機会があれば、

ぜひぜひ使われている単語に着目してみてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント