YouTubeもやっています!

come to V, get to V, learn to V 意味の違いとは

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はcome to Vとget to V、learn to Vの違いをまとめてみました。

 

 

また、

become to Vという表現がないのはどうして?

なんて質問も生徒からよく受けるので、

それについても併せてお答えしたいと思います。

 

意味まとめ

まずはそれぞれの意味をまとめてご紹介したいと思います。

 

 

表現まとめ

come to V:(自然と)~するようになる

get to V:(自発的に)~するようになる

learn to V:(学んで)~するようになる

* become to VはNG!

 

 

 

よくわからないね!

 

 

順番に説明していきます。かっこ内の意味の違いに注目しつつ読んでみてください。

 

それぞれの意味

さて、それぞれの意味を見ていきましょう。

 

例文付きで紹介します。

 

come to V / get to V

come to Vとget to Vはセットで紹介します。

 

come to Vで「(自然と)~するようになる」、

get to Vで「(自発的に)~するようになる」という意味になります。

 

例文はコチラ。

He came to love her. (彼は(自然と)彼女を愛するようになった)

He got to know her. (彼は(自発的に)彼女と知り合いになった)

 

 

「自然と」、「自発的に」という違いに着目です。

 

どうしてこんな違いが出るの?

 

 

 

その秘密は、使われている動詞・comeとgetの違いにあります。

 

 

comeは「来る」という意味からも分かる通り、

「なにかが来るのを受動的に待つ」イメージですね。

 

自分から何か取りに行く感じではないんです。

あくまで「待ち」の姿勢。

だから「自然と」というニュアンスが出るんです。

 

 

一方のgetは、「取る、得る」という意味からも分かる通り、

「何かを積極的に取りに行く」イメージですね。

 

自分から取りに行くんです。

だから「自発的に」というニュアンスが出るんです。

 

 

今回の例文で言えば、

 

come to love(愛するようになる)で、

comeを使っているのは、「自然と愛するようになる」というのが一般的だからです。

(そうじゃないこともあるかもしれませんが…)

 

get to know(知り合いになる)で、

getを使っているのは、誰かと知り合いになるときは、

ある程度「積極的に知り合いになりに行く」というのが一般的だからです。

 

 

なお、get to V、come to Vの後ろには、

思考や感情、存在(いる・ある)に関する動詞がきやすいことも併せて押さえておきましょう。

 

learn to V

learn to Vで「(学んで)~するようになる」という意味になります。

 

例文はコチラ。

He learned to drive a car.

(彼は(学んで)車の運転をするようになった)

 

 

なぜ「学んで」というニュアンスを持つかというと、

learnは「学ぶ」という意味を持つからですね。

 

そのため「(学んで)~するようになる」だとか、

「~することを学ぶ」といった意味になるのです。

 

become to Vがない理由

最後に、become to Vがない理由です。

 

 

察しの良い方はお気づきかもしれません。

becomeという動詞を見てください。

 

 

become

 

 

どうですか?

becomeには既に、beが含まれているんですね。

becomeは、come to beと同じ意味を持つんです。

 

 

既に「~になる」というto beを含んでいるので、

become to Vの形にはなれないんです。

 

仮にbecome to Vの形を許してしまうと、

toがいくつも含まれてしまうことになりますね。

(come to be to V、とかでしょうか?笑)

 

 

そのため、become to Vの形はNGなのです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

熟語表現を覚えるときは、単語レベルまで分解して考えるのがベストですね。

単語レベルで考えることで、意味の違いが明確にわかるのです。

 

 

というわけで、もし熟語を覚える機会があれば、

ぜひぜひ使われている単語に着目してみてくださいね。

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント