【イメージ理解】thingとstuff「もの」という単語の意味の違い

名詞

 

今回はthingとstuffという単語の意味の違いをまとめてみました。

 

どちらも「こと、もの」という意味を持つのですが、実は結構明確な違いがあります。

 

一体どのような違いがあるのか? サクッと確認していきましょう!

 

thingとstuffという単語の意味の違い

thingとstuffという単語の意味の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • thing: 数えられるモノ・コト(=可算名詞扱い
  • stuff: 数えられないモノ・コト(=不可算名詞扱い

※ stuffは「物質・食料」を原義に持つ

 

 

一番大きな違いは、thingは数えられるモノ・コトを指すのに対し、stuffは数えられないモノ・コトを指す点です。

 

 

thingは”a thing”や”things”のような形で使われ、数えられる一般的なモノ・コトを意味します。

 

 

一方のstuffは、通常不可算名詞扱いなので、aや-sは付きません。

 

主に、

  • 輪郭がはっきりしない漠然としたコト・モノ
  • 食べ物、飲み物
  • 荷物
  • 材料
  • 才能

といった意味を持ちます。

 

 

鋭い方はお気づきかもしれませんが、stuffが持つ意味のほとんどは、通常不可算名詞扱いする名詞の意味と被っています。

 

特に、

  • 食べ物、飲み物 ⇒食べ物・飲み物はいくらでも分裂可能なので数えても仕方ない。つまり不可算名詞扱いになりやすい
  • 荷物 ⇒荷物は全部まとめて1つのカタマリと認識するので、通常不可算名詞扱い
  • 材料 ⇒いくらでも分裂可能なので数えても仕方ない。つまり不可算名詞扱いになりやすい

などは、典型的な不可算名詞の仲間です。

 

 

不可算名詞になりやすい名詞の性質については、「なぜそうなるのか?」を下記の記事でもう少し詳しく説明しています。とても面白い&サクッと理解できるので、ぜひお読みくださいね。

 

【絶対わかる】可算名詞と不可算名詞を見分ける方法とは

 

 

 

なお、冠詞についてさらに詳しく学びたい方には、aとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。

 

わたしが今まで読んだ冠詞系の本の中で、一番わかりやすい&本質に迫った説明がなされていると感じました。一般の書店にはあまりないのですが、ぜひ一度お読みすることをおススメします。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


コメント