【イメージ理解】thingとstuff「もの」という単語の意味の違い

基本単語

 

今回はthingとstuffという単語の意味の違いをまとめてみました。

 

どちらも「こと、もの」という意味を持つのですが、実は結構明確な違いがあります。

 

一体どのような違いがあるのか? サクッと確認していきましょう!

 

thingとstuffという単語の意味の違い

thingとstuffという単語の意味の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • thing: 数えられるモノ・コト(=可算名詞扱い
  • stuff: 数えられないモノ・コト(=不可算名詞扱い

※ stuffは「物質・食料」を原義に持つ

 

 

一番大きな違いは、thingは数えられるモノ・コトを指すのに対し、stuffは数えられないモノ・コトを指す点です。

 

 

thingは”a thing”や”things”のような形で使われ、数えられる一般的なモノ・コトを意味します。

 

 

一方のstuffは、通常不可算名詞扱いなので、aや-sは付きません。

 

主に、

  • 輪郭がはっきりしない漠然としたコト・モノ
  • 食べ物、飲み物
  • 荷物
  • 材料
  • 才能

といった意味を持ちます。

 

 

鋭い方はお気づきかもしれませんが、stuffが持つ意味のほとんどは、通常不可算名詞扱いする名詞の意味と被っています。

 

特に、

  • 食べ物、飲み物 ⇒食べ物・飲み物はいくらでも分裂可能なので数えても仕方ない。つまり不可算名詞扱いになりやすい
  • 荷物 ⇒荷物は全部まとめて1つのカタマリと認識するので、通常不可算名詞扱い
  • 材料 ⇒いくらでも分裂可能なので数えても仕方ない。つまり不可算名詞扱いになりやすい

などは、典型的な不可算名詞の仲間です。

 

 

不可算名詞になりやすい名詞の性質については、「なぜそうなるのか?」を下記の記事でもう少し詳しく説明しています。とても面白い&サクッと理解できるので、ぜひお読みくださいね。

 

【絶対わかる】可算名詞と不可算名詞を見分ける方法とは

 

 

 

なお、冠詞についてさらに詳しく学びたい方には、aとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。

 

わたしが今まで読んだ冠詞系の本の中で、一番わかりやすい&本質に迫った説明がなされていると感じました。一般の書店にはあまりないのですが、ぜひ一度お読みすることをおススメします。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント