【決定版】英語での動物の鳴き声・擬音語まとめ

基本表現・語源

 

今回は動物の鳴き声・擬音を英語でまとめてみました。

 

意外と触れる機会がないと思いますので、これを機にまとめてチェックしてもらえれば、と思います。

 

それでは始めましょう!

 

動物の鳴き声・擬音まとめ

動物の鳴き声・擬音まとめは下記の通りです。abc順に並んでいます。

 

 

ポイント
  • bleat: メ―と鳴く(羊/ヤギの鳴き声)
  • clop: パカパカ音を立てる(馬のヒヅメの音)
  • growl: ウーとうなる(犬などが起こって)
  • grunt: ブーブ―と鳴く(豚)
  • moo: も―と鳴く(牛)
  • purr: ゴロゴロと喉を鳴らす(猫)
  • roar: ウォーと吠える(ライオンなど)
  • slurp: ぺちゃぺちゃ食べる(犬や猫)
  • snarl: うなる(犬などが歯をむき出して)
  • snap: パクリと噛みつく
  • whine: クーンと鳴く(犬が哀れな感じで)

 

 

他に思い付いたものがあれば随時追加していきます。皆さんも「こういうのあるよ!」というのがあればコメント欄までお願いいたします。追加させて頂きたいと思います。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源英単語
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント