【イメージでわかる】know / know of / know aboutの意味の違いとは

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はknow/ know of / know aboutの意味の違いについてまとめてみました。

 

それぞれ結構意味が変わってきて、文脈次第では「?」となりかねない表現です。

 

今回はイメージでわかるよう、サクッとまとめてみました!

 

know/ know of / know aboutの意味の違い

know/ know of / know aboutの意味の違いは下記の通りです。例えば後ろに「人」がくる場合、下記のような意味の違いが生まれます。

 

ポイント
  • know 人:人のことを直接知っている(=知り合い
  • know of 人:人のことを間接的に知っている(=断片情報/名前だけ
  • know about 人:人の周辺情報を知っている(=業績などの周辺情報

 

どうしてこんな違いが生まれるの?

 

 

 

単語のイメージに注目するととてもわかりやすいです。下記で例文付きで順番に見ていきましょう。

 

know 人

まずはknow 人のパターンからです。

 

これはその人を直接知っている、つまりは知り合いなのだ、という意味を含みます。

 

 

のちほど紹介するknow of/about 人と違い、knowの後ろに人が直接来ていますね。その分直接的にガッツリ知っている、というイメージにつながりやすいのです。

 

 

 

なので、“I know Ichiro.”は、「わたしはイチローのことを知っている(=知り合いだ)」という意味になります。

 

※筆者はこれをアメリカ人の友人に言って、「マジか! サインくれ!」と驚愕されたことがあります。3秒後に失望されましたが…

 

know of

次にknow of 人のパターンです。

 

これはその人の情報を間接的に知っているという意味を含みます。

 

間接的ということで、限られた断片情報だけ知っているときに使われます。名前だけ知っている、という意味で使われることが多いです。

 

“I know of Ichiro.”は「イチローの名前なら知っている」という意味になります。

 

 

 

なぜなら前置詞のofには「分離」の意味があるからです。ofが使用されているため、「人からくり抜き、分離した情報を知っている」というイメージにつながるのです。

 

 

 

ofが「分離」の意味を持つというのは、offという単語から考えるとわかりやすいです。

 

「分離」のofを強調したものがoffなのです。offには「スイッチのon/off」のように、「分離」のイメージが含まれていることは直感的に理解しやすいと思います。

 

※前置詞ofのさらに詳しいイメージ・用法は下記の記事にまとめてあります。これ一つで前置詞ofは、ほぼ完璧にマスターできるハズなので、ぜひお読みくださいね。

【本質から理解!】前置詞ofのイメージとは

 

 

Ichiroという人から分離して、自分が知っている情報は限定的なものになりますよね。そのため「名前だけ知っている(=限定された情報だけ知っている)」という意味になるのですね。

 

know about

最後にknow of 人のパターンです。

 

これはその人の周辺情報を知っているという意味を含みます。

 

“I know about Ichiro.”は「イチローについて知っている(TVやネットで見聞きした業績とか経歴、人柄など)」という意味になります。

 

 

 

前置詞のaboutには「~について」という意味があることはご存知の方も多いと思いますが、aboutには周辺情報をなぞるようなイメージがあるのですね。

 

Ichiroという人の周辺情報を知っている、つまりは経歴や業績などを知っている、という意味になります。

 

 

 

 

他にも、”about ten”なら「約10」という意味になりますが、これも10という数字の周辺をなぞっているイメージです。11だとか9, 8のように、10周辺の数字をなぞったら、それは「約10」という意味になりますよね。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを再掲しておきます。グッと理解しやすくなっているハズです。

 

 

ポイント
  • know 人:人のことを直接知っている(=知り合い
  • know of 人:人のことを間接的に知っている(=断片情報/名前だけ
  • know about 人:人の周辺情報を知っている(=業績などの周辺情報

 

 

細かい違いですが、日常英会話でも頻出の表現なので、これを機にマスターしてしまいましょう。前置詞がカギですよ!

 

なお、前置詞についてもっと知りたいという方は、

当ブログの前置詞カテゴリーの記事

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント