【サクッと理解】the door of the room/a door of the roomの意味の違い

冠詞

 

今回はthe door of the roomとa door of the roomの違いを考えてみたいと思います。

 

自分で英作文を付けるとき、「theを付けるべきか否か?」と迷うことも多いはずです。

 

どちらを使うべきなのか? また、その意味は?

 

わかりやすくサクッと説明してみたいと思います。

 

the door of the room/a door of the roomの意味の違い

the door of the room/a door of the roomの意味の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • the door of the room:その部屋の扉(=部屋に扉は一つだけ
  • a door of the room:その部屋の一つの扉(=部屋に扉はいくつかある

 

 

the doorのパターンでは、その部屋に扉は一つしかないことを示唆します。

 

なぜかというと、theが付く名詞は、「みんなが指させるもの(読者/作者の間で共通認識が成り立っているもの)」に付くからです。

 

 

the door of the roomは、文の冒頭でもいきなり使われ得る(直前にa doorという単語が出てきていなくても使われ得る)表現ですが、それは「みんなが指させるとき」に限られます。

 

文の読み手と書き手の間に共通認識が成り立っていて、双方が「ああ、あの扉のことね」とその扉を指差せるとき、theが付くのです。

 

つまり、文の冒頭からいきなりthe doorになっているということは、扉が一つしかないことを示唆します。なぜなら、仮に扉が二つ以上あるのであれば、「ああ、あの扉ね」という共通認識が成り立たないからです。

 

 

一方で、a doorというパターンでは、文の読み手と書き手の間に共通認識が成り立っていません。なぜなら、部屋に扉が二つ以上あるので、「どの扉の話をしているのかわからない」という状況を示唆しているためです。

 

 

 

なお、初出の名詞にいきなりtheを付ける用法は、of/that(関係代名詞)などに多いです。

 

例えば今回のthe door of the roomで言えば、後ろの「~of the room: 部屋の~」というカタマリが、直前の名詞doorを限定することになるためです。

 

後ろにof the roomとくれば、「ああ、その部屋の話をしているのね」と、

名詞doorがなんのことなのか、ほぼ自動的に決まってきますよね。

 

そのため、theが付くことが多いのですね。

 

 

なお、aやtheの大まかなイメージをまとめた記事は下記にあります。「なぜそこでa/theが付くのか?」という疑問にかなり広くお答えできる内容になっているので、ぜひご一読くださいね。

【超決定版】aの意味・用法まとめ【a Mr. Sato/a week/a Picasso他】

【超決定版】theの意味・使い方まとめ【the past/the right/in the morning/by the hour他】

 

 

 

なお、冠詞についてさらに詳しく学びたい方には、aとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。

 

わたしが今まで読んだ冠詞系の本の中で、一番わかりやすい&本質に迫った説明がなされていると感じました。一般の書店にはあまりないのですが、ぜひ一度お読みすることをおススメします。

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント