【コアイメージから理解】more thanの意味・用法まとめ

英文法

こんにちは、講師のNです。

 

今回は比較級のmore thanについてまとめたいと思います。

 

覚えるのイヤだなあ…

 

「どうしてこんな訳になるのか?」を考えてみると、カンタンに覚えられますよ!

 

more thanのコアイメージ

まずはmore thanのコアイメージから押さえましょう。

 

moreが「より多い」、thanが「~よりも」という意味を持っているので、

more thanは「~よりも多い」という意味が基本となります。

 

そのまんまだね!

 

そうです、単純に考えてOKです。

 

ただ、この「~以上」というイメージはしっかり覚えておいてくださいね。

 

more thanの用法

more thanにはざっくり分けて二つの用法があります。

 

その用法は次の通りです。

 

more than用法
  • 数字の前で使い、「~より多い」
  • 名詞/形容詞/副詞/動詞/節の前で使い、「~以上で、十二分に」

 

一つずつ見ていきましょう。

 

数字の前で使うパターン

まずは数字の前で使うパターンから。例文で見てみましょう。

 

The book is published in more than 100 countries.

(その本は、100以上の国々で出版されている)

 

in 100 countriesだと「100の国々」という意味になりますが、ここでは「~以上」というニュアンスを出したいんですね。そこで、数字の前にmore thanを付け足して、in more than 100 countriesとしたわけです。

 

 

なお、日本語で「100以上」と言うとき、100は含まれていますが、

英語で「more than」と言うとき、厳密には100は含まれません。

 

ただ、細かいことを気にしなくてよい文脈であれば、more thanを100以上(100を含む)と訳してOKです。

 

仮に「100を含むか、含まないか」が問題になるような文脈であれば、or moreを使って表現します。

The book is published in 100 countries or more.

(その本は、100以上の国々で出版されている

≒直訳:その本は、100の国々、あるいはそれ以上の国々で出版されている)

 

 

名詞/形容詞/副詞/動詞/節の前で使うパターン

次は名詞/形容詞/副詞/動詞/節 の前で使うパターンです。

文によって訳が若干違うので、いくつか例文を見ていきましょう。

 

 

まずは節の前で使われているパターン。

more than S can Vの形で使われています。「~できない」と訳します。

The problem is more than he can handle.

(その問題は、彼には対処できないことだ

≒直訳:その問題は、彼が対処できる以上のことだ)

 

直訳の方を見てください。「対処できる以上のことだ」という意味です。

 

「対処できる以上のこと」→「対処できる能力を超えている」→「対処できない」という意味になるのです。連想ゲームのようですが、ほんの少し意味を考えてみると、その訳になる理由がわかりますね。

 

 

次は形容詞happyの前で使われているパターンです。「喜んで~する」と訳します。

I am more than happy to meet you.

(わたしは喜んであなたにお会いします

≒直訳:わたしはあなたにお会いすることが幸せ以上です)

 

これも基本的な考え方は同じですね。

 

「会うのが幸せ以上」→「会うのが超うれしい」→「喜んで会います」ということですね。

 

これは割とフォーマルな表現で、わたしが貿易関係の携わっていたころも、

ビジネスの現場でたまに見聞きすることがありました。

 

また昔話が始まった…

 

おわりに

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

和訳だけ見ると「?」と思うこともありますが、more thanのコアイメージを捉えておけば、「なぜその訳になるのか」がよくわかりますね。

 

ご質問等あればコメント欄へお願いします。それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント