【コアイメージから理解】more thanの意味・用法まとめ

比較

こんにちは、講師のNです。

 

今回は比較級のmore thanについてまとめたいと思います。

 

覚えるのイヤだなあ…

 

「どうしてこんな訳になるのか?」を考えてみると、カンタンに覚えられますよ!

 

more thanのコアイメージ

まずはmore thanのコアイメージから押さえましょう。

 

moreが「より多い」、thanが「~よりも」という意味を持っているので、

more thanは「~よりも多い」という意味が基本となります。

 

そのまんまだね!

 

そうです、単純に考えてOKです。

 

ただ、この「~以上」というイメージはしっかり覚えておいてくださいね。

 

more thanの用法

more thanにはざっくり分けて二つの用法があります。

 

その用法は次の通りです。

 

more than用法
  • 数字の前で使い、「~より多い」
  • 名詞/形容詞/副詞/動詞/節の前で使い、「~以上で、十二分に」

 

一つずつ見ていきましょう。

 

数字の前で使うパターン

まずは数字の前で使うパターンから。例文で見てみましょう。

 

The book is published in more than 100 countries.

(その本は、100以上の国々で出版されている)

 

in 100 countriesだと「100の国々」という意味になりますが、ここでは「~以上」というニュアンスを出したいんですね。そこで、数字の前にmore thanを付け足して、in more than 100 countriesとしたわけです。

 

 

なお、日本語で「100以上」と言うとき、100は含まれていますが、

英語で「more than」と言うとき、厳密には100は含まれません。

 

ただ、細かいことを気にしなくてよい文脈であれば、more thanを100以上(100を含む)と訳してOKです。

 

仮に「100を含むか、含まないか」が問題になるような文脈であれば、or moreを使って表現します。

The book is published in 100 countries or more.

(その本は、100以上の国々で出版されている

≒直訳:その本は、100の国々、あるいはそれ以上の国々で出版されている)

 

 

名詞/形容詞/副詞/動詞/節の前で使うパターン

次は名詞/形容詞/副詞/動詞/節 の前で使うパターンです。

文によって訳が若干違うので、いくつか例文を見ていきましょう。

 

 

まずは節の前で使われているパターン。

more than S can Vの形で使われています。「~できない」と訳します。

The problem is more than he can handle.

(その問題は、彼には対処できないことだ

≒直訳:その問題は、彼が対処できる以上のことだ)

 

直訳の方を見てください。「対処できる以上のことだ」という意味です。

 

「対処できる以上のこと」→「対処できる能力を超えている」→「対処できない」という意味になるのです。連想ゲームのようですが、ほんの少し意味を考えてみると、その訳になる理由がわかりますね。

 

 

次は形容詞happyの前で使われているパターンです。「喜んで~する」と訳します。

I am more than happy to meet you.

(わたしは喜んであなたにお会いします

≒直訳:わたしはあなたにお会いすることが幸せ以上です)

 

これも基本的な考え方は同じですね。

 

「会うのが幸せ以上」→「会うのが超うれしい」→「喜んで会います」ということですね。

 

これは割とフォーマルな表現で、わたしが貿易関係の携わっていたころも、

ビジネスの現場でたまに見聞きすることがありました。

 

また昔話が始まった…

 

おわりに

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

和訳だけ見ると「?」と思うこともありますが、more thanのコアイメージを捉えておけば、「なぜその訳になるのか」がよくわかりますね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
比較 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント