【超驚愕】in control of/in the control of 意味の違い【theの有無がポイント】

冠詞

 

今回はin control ofとin the control ofの圧倒的違いを考えてみましょう。

 

両者の違いはtheの有無なのですが、意味が真逆になるのですね。

 

なぜ/どのように意味が異なるのか? 理由も含めて考察してみました。

 

in control of/in the control of 意味の違い

in control of/in the control of 意味の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • in control of: ~を制御して、支配して
  • in the control of: ~に制御されて、支配されて

 

 

theがないと能動態の意味、

theがあると受動態の意味になるのですね。

 

どうして?

 

 

 

これは

  • in front of the room: その部屋の前
  • in the front of the room: その部屋の中の前

と同じ発想です。

 

 

上の方は「in front of~: ~の前」という表現が使われています。つまり、in front of the roomは、「部屋の前=部屋の外」という意味ですね。

 

 

 

一方の下の方のin front of the roomは、「部屋のの前の方」という意味で使われています。

 

これは、全体の中の一部を区別するからtheが付く表現です。

 

全体の中の一部を区別するthe

全体の中の一部を区別するtheとはなんなのでしょう。

 

たとえば下記の例文を見てください。

There was a dog, and the dog was barking.

(一匹のイヌがいた。そしてそのイヌは吠えていた)

 

 

これは下記のようイメージです。(註:これはイヌの絵です)

 

 

世の中にイヌはたくさんいるけれど、その中でもある特定のイヌ (the dog)について話をしていますよ、というのがここで把握してほしい”the”のイメージです。

 

「世の中にいる中の一部のイヌ ⇒ 全体の中の一部のイヌに言及」というイメージに注目してください。

 

 

 

ここで先ほどの

  • in the front of the room: その部屋の中の前

に話を戻しましょう。

 

theが付くことで、「部屋全体の中の一部 ⇒ 前の方」に言及することが出来ているのですね。

 

結果、

  • in front of the room: その部屋の前(=部屋の外
  • in the front of the room: その部屋の中の前(=部屋の中

という違いにつながっています。

 

 

そしてこれは、

  • in control of: ~を制御して、支配して
  • in the control of: ~に制御されて、支配されて

でも同じです。

 

 

theがないパターンでは、外からコントロールしている感じがするので、「~を制御して」という能動態の意味になります。

 

一方、theがあるパターンでは、コントロールの中に入っている感じがするので、「~に制御されて」という受動態の意味になるのです。

※ある人/団体が持つコントロール全体の一部と化しているイメージです。

 

 

それぞれの例文は下記の通りです。

The team is in control of the game.

(そのチームは試合のコントロールを握った = コントロールしている)

 

The land is in the control of the government.

(その土地は政府のコントロール下にある = コントロールされている)

 

 

なお、冠詞のtheについては下記の記事でさらに詳しく&わかりやすくまとめています。目からウロコの説明で、しかもわかりやすく5分程度でサクッと読めるので、ぜひお読みくださいね。

【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
冠詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント